レビュー
» 2012年06月19日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:情報漏えいを水際でシャットアウトする方法とは?

防衛関連メーカーへのサイバー攻撃事件を発端に、情報漏えいのリスクが広く注目を集めている。情報漏えいを防止するための具体的な対策を解説する。

[PR/ITmedia]

 サイバー攻撃のニュースが連日報じられている。防衛関連メーカーに対するサイバー攻撃の発見を受け、防衛省が防衛装備品の調達の際にメーカーと締結する特約事項「装備品等及び役務の調達における情報セキュリティの確保に関する特約条項」を改正する事態にまで発展した。サイバー攻撃とそれに伴う情報漏えいリスクに対する企業の関心は高まる一方だ。

 高まる情報漏えいのリスクをいかに防ぐか。有力な対策の1つとなるのが、クライアントPCの操作ログの収集・監視だ。本ホワイトペーパーは、ログの収集・監視を中心に、防衛省の改正特約条項にも耐え得る強力なセキュリティ体制を実現するための具体例を提示している。ログの収集・監視にとどまらず、クライアントPCに対するセキュリティ対策を網羅的に実現するトータルセキュリティソリューションの姿も提示する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -