レビュー
» 2012年06月28日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:攻撃されても機密情報は保護する「データベース暗号化」、その効率化の手段とは?

サイバー攻撃による情報漏えいをいかに防ぐか。仮にデータが盗まれたとしても、その中身を判別不能にするデータベース暗号化は有効な対策の1つだ。その対策を効率化する手段を解説する。

[PR/ITmedia]

 特定企業を狙い撃ちにした「標的型攻撃」が相次いで明るみに出ている。新種のマルウェアが利用されるケースが多い標的型攻撃は、マルウェア対策ソフトを中心とした従来型のセキュリティ対策では十分とはいえない。仮に攻撃の対象となっても、重要情報を外部に流出させないための対策が必須となる。

 そのために有効な対策はデータベースの暗号化だ。仮にデータが盗まれたとしても、攻撃者が重要情報を得られないようにするという考え方に基づく。本ホワイトペーパーは、データベース暗号化に必要な暗号化処理や鍵管理を1台でこなすアプライアンス製品による対策を紹介している。必要なソフトとハードを一体化したアプライアンスによる導入や管理の容易性が注目のポイントだ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ