レビュー
» 2012年08月28日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:BtoB商材の認知から購入までの情報収集の過程で最も活用されている情報源はインターネット

BtoB商材の情報収集や商材の選定に関与している全国の男女1030人を対象に、ヤフーが「情報収集」に関する調査を行ったところ、インターネットの情報がBtoB商材の購買行動に重要な役割を果たしていることが明らかとなった。

[PR/ITmedia]

本稿ではBtoB商材をテーマに、どのような情報収集のプロセスを経て購買が行われているかという実態について紹介する。本調査により明らかになった「情報収集の手段としてインターネットが多くの人に活用されている」という事実は、今後、企業が広告展開をするうえでの大きなヒントになるのではないか。

本調査から導きだされたポイントをまとめると、以下の3つに集約される。

1)1回あたりの購入金額が低い商材は、商材選定や情報収集にかける期間が短い

2)BtoB商材の認知から購入までの情報収集の過程において最も活用されている情報源は、インターネットサイト・広告である

3)商材の種類にかかわらず、インターネットで情報収集を行う人の8〜9割が検索を行なっている

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -