レビュー
» 2012年09月26日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:重複除外が実現するVMware環境の高速バックアップ/リストア

VMwareのVADP(vStorage APIs for Data Protection)やCBT(Changed Block Tracking)と統合された重複除外技術を備えるEMC Avamar 6.0は、仮想環境の高速・柔軟なデータ保護を実現している。

[PR/ITmedia]

 仮想化の普及・拡大は仮想マシンの増大を促し、それらのデータ保護が新たな業務課題となっている。VMwareが提供するAPIを活用するEMC Avamar 6.0は、柔軟かつ高速なバックアップを実現。Avamarには「ゲストレベル」と「イメージレベル」の2種類のバックアップ方法があり、ゲストレベルは各仮想マシンにエージェントをインストールする方法。最高レベルのデータ重複除外など、さまざまなメリットがある。イメージレベルは仮想ディスク単位でバックアップする方法。バックアップ処理のオーバーヘッドをプロキシサーバに負担させることができる。Avamar 6.0では変更されたブロックだけをバックアップできるようになり、大幅な時間短縮を実現した。

 その他、本ホワイトペーパーではAvamarとvCenterの統合によるメリットや機能などについて詳細に解説。クラウド時代に求められるバックアップ/リストア環境を実現していることを明らかにする。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -