レビュー
» 2012年12月13日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ストレージを簡単かつ柔軟に運用し、トータルコスト削減を実現するストレージ管理ソフトウェア

データセンターのコストを削減するためにストレージを集約化・仮想化して利用効率を高めるプライベートクラウド。しかし、集約したストレージは多種多様な業務で利用することになるため管理が複雑になります。ストレージ管理ソフトウェア「Hitachi Command Suite」はストレージ運用を簡単かつ柔軟、動的に行うことでストレージシステムのトータルコスト削減を実現します。

[PR/ITmedia]

 本資料では「ストレージ統合」「階層ストレージ」「ビジネス継続」という3つの視点からストレージ運用管理のトータルコストを削減する「Hitachi Command Suite」をご紹介します。

■ストレージ統合

業務ごとに分散化されたストレージ資産を統合してコスト削減を実現するためにはストレージ管理者の役割は極めて重要です。本製品では、頻繁な構成変更の迅速・確実な対応やストレージのサービスレベルの維持などを支援します。

■階層ストレージ

十分に活用されていない既存ストレージ資産をストレージプールとして全ての業務で共有し、業務要件の変化に応じてストレージ階層間でデータを自動的に再配置してストレージ導入コストの最適化を支援します。

■ビジネス継続

ディザスタリカバリシステムの構築と日々の運用を使いやすいインターフェースで一元的に管理し、企業のデータ保護運用を支援します。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -