レビュー
» 2012年12月14日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ストレージ運用管理のすすめ〜構築、監視、対処の3つのフェーズで仮想化運用をナビゲート〜

クラウド時代の到来によって、より柔軟なITインフラが求められるなか、サーバ仮想化が不可欠な技術となり、サーバ仮想化とそれを管理するシステムの導入が企業で進んでいます。一方で、ストレージは従来通り物理ボリュームを使用するケースが多く、このことが様々な課題を生んでいます。

[PR/ITmedia]

 仮想サーバとストレージの物理ボリュームを組み合わせたサーバ中心のシステム管理は、以下のような3つの課題を生み出します。

■ストレージ手配に時間を要し、ビジネス拡大に即応できない

■仮想サーバの増加によりストレージ管理が行き届かずサービスレベルが低下

■将来を見据えて大きな物理ボリュームが必要なため、未使用の空き容量が増加

 これらの課題はストレージ仮想化を導入し、サーバ・ストレージの仮想環境を統合監視することによって解決することができます。

 本資料では、仮想サーバからストレージの仮想ボリュームまで、システム全体を統合監視する「Hitachi Command Suite 7」の導入メリットをご紹介します。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -