レビュー
» 2013年01月23日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:マツダが取り組む、社内端末1万4000台のWindows 7移行の舞台裏

幾多の課題を乗り越え、最新OS移行をいかに成功させるか。1万4000台のクライアントPCをWindows 7に移行することを決断したマツダの取り組みを例に、その解決策を探る。

[PR/ITmedia]

 国内に展開している約1万4000台のクライアントPCのうち、マイクロソフトのWindows 7 Enterpriseを搭載したデルの最新PCマシン「OptiPlex 990」を8000 台導入。その他、グラフィックス用など特殊な用途にハイスペック機、堅牢型ノートブックPC、モバイルノートなど、2000台を導入。

 Windows Optimized Desktop Serviceによるアセスメントを実施し、既存のPC環境の現状分析を行うとともに、Windows 7 Enterpriseをベースとしたデスクトップ環境の理想的な運用形態を提示。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ