レビュー
» 2013年02月06日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:高性能サーバのボトルネックを解消する、柔軟なI/Oモジュールを提供

現在、多くのサーバが最新の技術を取り入れながらその処理性能の強化を進めている。しかし、柔軟性に欠けたネットワークインタフェースがボトルネックとなり、リソースの有効活用を妨げている。

[PR/ITmedia]

 仮想環境やクラウドへと向かう市場トレンドを受け、サーバは常に最新の技術を取り入れながらそのスペックを向上させてきた。しかし、固定的なネットワークインタフェースがそのスループット向上を妨げるという問題が出ている。サーバでは長年に渡りシステムボード上に直接NICを取り付けるLOM(LAN on Motherboard)を提供してきた。そのため、ネットワーク性能が固定的になり、サーバの進化に見合う機能を提供できているとはいえなかった。

 そんな中、デルは2012年3月、数多くの最新技術を取り入れた同社の12世代目となるサーバ製品群「PowerEdgeサーバ」シリーズを発表し、LOMをマザーボードから切り離してモジュール形式で提供する「デルセレクトネットワークアダプタ」を発表した。本稿では、サーバインタフェースの変遷を解説するとともに、ネットワークの多様性や柔軟性を実現するデルの新メニューを紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ