レビュー
» 2013年02月26日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ユーザ事例に見る 賢いIT-BCP対策・4つのポイント

ITシステムの災害対策で、担当が考慮すべきことは何か? ユーザー事例から4つのポイントを押さえ、運用コストや復旧までの時間をかけずにBCP対策を行う画期的な手法を解説する。また、現場の課題を解決するために、双日システムズが提供してきたノウハウやツールを紹介する。

[PR/ITmedia]

 昨年の大震災以降、あらゆる組織で事業継続計画(BCP)の必要性が急速に高まり、首都直下型地震やその他の自然災害や、電力不足による計画停電なども懸念により、喫緊の課題となっている。

 一方で、情報システムの事業継続計画(IT-BCP)を検討する場合、常時利用しないシステムへの投資コストや持たざる経営の要求、本番システムの運用停止など、情報システム担当者は様々な課題の解決が求められ、必要性と課題との間で議論が進まないといった組織も少なくない。

 システム規模や構成、事業内容によって事業継続計画は百人百様だが、他社の事例をみることで自社の計画策定のヒントが得られるはずだ。本ホワイトペーパーでは、万一のときに備えて今すぐにでも対策を講じたい、しかし余計なコストはかけたくない、といった情報システム担当者の課題を解決した事例を元に、IT-BCP策定で押さえるべきポイントを分かりやすく解説する。

 また、情報システムの現場で求められる様々な課題を解決するために、双日システムズが提供している「nDRクラウドサービス」のメリットや従来型システムとの比較をご紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ