ニュース
» 2013年02月27日 15時30分 UPDATE

MS「Office 365」刷新 ソーシャル機能強化、クラウド型の新アプリも

マイクロソフトのクラウドサービス「Office 365」がリニューアル。SharePoint Onlineのソーシャル機能を強化したほか、WordやExcel、Lyncなどの機能を利用できるクライアントアプリ「Office 365 Plus」を提供する。

[本宮学,ITmedia]
photo 「新しいOffice 365はこれ1つで何でもできるクラウドオールインワンパッケージだ」と話す日本マイクロソフトの樋口泰行社長

 日本マイクロソフトは2月27日、Microsoft Officeの機能などをクラウドを通じて利用できるサービス「Office 365」をリニューアルした。新たにクラウド型のクライアントアプリ「Office 365 ProPlus」を提供するほか、SharePoint Onlineのソーシャル機能を強化。ライセンス体系も刷新した。

 Office 365 ProPlusは、WordやExcel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Lyncなどの機能をクラウド経由で利用できるクライアントアプリ。Windows PCやWindowsタブレット(スレートPC)、Macなどに対応し、1ユーザー当たり5つの端末までインストールして利用できる。

 クラウド型アプリのため、常に最新バージョンのOfficeアプリケーションをストリーミングして利用できる。複数の端末をまたいで個人設定を共通化できるほか、ドキュメントの最終編集箇所をクラウド上に保存して他端末に引き継ぐこともできる。

photo Office 365 ProPlusの概要

 ソーシャル機能では、SharePoint Onlineの個人用ページで他ユーザーの投稿を閲覧できる「ニュースフィード」機能を実装。「Facebookのようなユーザーインタフェース」(日本マイクロソフトのロアン・カン氏)を採用し、フォローしたユーザーのコメントやOffice文書を閲覧、シェアしたり、コメントを付けたりできる。

photo SharePoint Onlineのニュースフィード上でOffice文書を閲覧したりできる

 ライセンス体系も見直した。主要プランとして10ユーザーまでの「Office 365 Small Business Premium」(月額1030円/ユーザー)、250ユーザーまでの「Office 365 Midsize Business」(月額1230円/ユーザー)、ユーザー数無制限の「Office 365 Enterprise」(月額1800円/ユーザー)などを用意。Office 365 ProPlusは全てのプランで利用でき、Office 365 Enterpriseのユーザー向けには企業向けソーシャルサービスYammerの利用権も提供する。

photo 教育機関向けプラン「Office 365 Education」も用意

 日本マイクロソフトは同日、「TSUTAYA」や「Tカード」などを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)がOffice 365を採用したと発表した。CCCは2013年度上半期をめどに社員約2200人向けにOffice 365を展開し、SharePoint Onlineのソーシャル機能などを活用して全社的な情報共有を目指すとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -