レビュー
» 2013年03月11日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:「つぶやき」から何を得る――ビッグデータにおける最適なプラットフォームの姿

大量の「つぶやき」を分析し、ビジネスの意志決定に生かす。このようなビッグデータの活用が先進的な企業で始まっている。その際のプラットフォームにはどのよう技術や機能が求められるのか。本コンテンツで紹介する。

[PR/ITmedia]

 「つぶやき」分析をはじめとして、ビッグデータといわれる大量データの分析が始まっている。企業はこのデータ分析から今後の意志決定のヒントを探ることができる。ただ、その大量データからビジネス価値を効率的に発見するには、最適なプラットフォームを構築する必要がある。パフォーマンスやスケーラビリティと構築にかかる様々なコストを両立し、なおかつ扱う情報の種類により求められる技術、スキルを持った人材も確保しなければならない。

 ビッグデータ用のプラットフォームを検討する上で考えるべき事柄は何なのか。本コンテンツではその要件として「エンタープライズ用途」「莫大な非構造化データの取り扱い」「良いテクノロジーの活用」の3つを挙げる。この要件に対応し、企業のビジネスを支援するオラクルのプラットフォームを紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -