ニュース
» 2013年03月19日 14時36分 UPDATE

EMCジャパン、ストレージサービスのための基盤製品を発売

「EMC Symmetrix VMAX Cloud Edition」をクラウドサービス事業者などに提供する。

[ITmedia]

 EMCジャパンは3月19日、クラウドを構築する組織やサービスプロバイダー向けの製品「EMC Symmetrix VMAX Cloud Edition」を発売した。「Storage as a Service」の仕組みを実現できるという。

 新製品は、同社のハイエンド向けストレージ「EMC Symmetrix VMAX」と、サービスレベルを制御する自動階層化機能「FAST VP」を組み合わせたもの。5種類のサービスレベルカタログによる価格体系を用意しており、ユーザーは必要な容量とパフォーマンスに応じて環境を構築できる。構築後も柔軟にインフラを拡張できるのが特徴という。

 またセルフ・サービス・ポータル機能も備え、ユーザーがリソースの追加や変更を行える。REST APIを利用して、同製品のレポート情報を既存のサービスポータルに取り込めるようになっている。ユーザーは、こうした機能を利用して、オンラインストレージサービスなどを提供できるようになる。

 製品価格は、47.3テラバイトの容量と2つのサービスレベルで構成した「スターター・キット・モデル」の場合で、1935万5400円(税別)から。

関連キーワード

EMC | EMC Symmetrix | クラウドサービス


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -