レビュー
» 2013年04月11日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:セキュリティベンダーの脅威監視専門エンジニアが語る「標的型攻撃の現場」とは

標的型攻撃が広く知れ渡るようになって久しいが、最近の攻撃に変化はあるのだろうか? その被害現場とは? 対策方法としては何が考えられるのか? セキュリティベンダーで、脅威監視を専門に担当する現役エンジニアが、経験をもとに語る標的型攻撃の現場とは?

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 多くの企業が脅威に感じている標的型攻撃。一般的な攻撃手法もよく知られるようになった一方で、最近の攻撃には若干の変化が見え始めている。

 また、実際にその標的となり、社内システムが感染した際に、どのような障害が発生し、どのような復旧作業が必要になるかは知られていない。

 本WebキャストではS&Jコンサルティング 代表取締役 チーフコンサルタント 三輪信雄氏と、トレンドマイクロ ソリューション事業本部 ソリューションサービス部 Threat Monitoring Center 課長代理 六宮智悟氏の対談を紹介する。対談では、六宮氏が実際のサービス提供時の経験を元に、最近の攻撃手法や標的型攻撃を受けた場合の被害や実態、効果的な対策などを解説。セキュリティの現場を知り尽くした専門家二人が現場エンジニアに贈る最新脅威対策Webキャスト!

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ