レビュー
» 2013年04月23日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:疲弊したバックアップ環境に効く「重複排除」 採用企業が語る改善ポイント

あらゆるデータ損失の事態に備えるため、バックアップ環境は非常に重要な役割を果たしている。しかし、データや管理負荷が増大したことでその運用が難しくなり、環境自体が疲弊している企業も多い。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 万が一のシステム障害に備え、事業の継続性を確保するために多くの企業がバックアップ環境を構築・運用している。しかし近年、データの増加などでバックアップ対象が増大する傾向にあり、またサーバ仮想化によってシステムが複雑になるなどその管理負荷が重くのし掛かるようになった。さらに処理遅延によって本来の業務に支障を来すケースもあるなど、早急な改善を迫られている企業も少なくない。

 そうしたバックアップ環境の改善策として「重複排除技術」が注目されている。本稿では、重複排除技術を活用したバックアップソリューションとそれを導入してバックアップ環境を改善した2社の事例を紹介する。既存のテープ装置と同様の運用を維持しながら、IBM i環境の統合バックアップ環境を実現した「クラシエ製薬」、16時間以上も掛かっていたバックアップ時間を40分にまで削減した「済生会熊本病院」の各担当者がバックアップ環境の改善ポイントを語っている。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -