ニュース
» 2013年04月26日 08時00分 UPDATE

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:昨日、情報漏えいが発覚しました 今すぐにどうすればいいですか? (1/3)

まさに「青天の霹靂」のごとく発生した情報漏えい事件に対して、まず何から着手すればよいだろうか――。

[萩原栄幸,ITmedia]

「極めて遺憾ですが、昨日情報漏えいが発覚してしまいました。社内では役員や経営者の間で大騒ぎになっています。混沌とした状況なので、今すぐ具体的にどうすればいいか、ぜひ教えてください」

 今回は、今後に向けた情報漏えいの防止策ではなく、まさに昨日発覚してしまった情報漏えい事案について、会社として急ぐべき対応を解説したい。相談者は「何をすればいいのか」で大変に困っていたということで、早朝6時過ぎに連絡があったものである。

(編集部より:本稿で取り上げる内容は実際の事案を参考に、一部をデフォルメしています。)

事例

 その会社は、横浜市にある中小企業。以前に某大手IT企業が開催した特別講演の場で、筆者は名刺交換をしただけだった。連絡をいただいたが、その場で思い出せずに返答に困ったほどだった。

会社名:○○リース株式会社(リース業)

 本社は横浜市にあり、有名な会社ではなく、二番手、三番手に位置する中小企業だ。相談のあった前日、A主任は車で得意先回りをしていたが、途中で尿意を催した。次の訪問先まで距離があり、しかも事故渋滞をしていたので、止む無く沿道にあったホームセンターの駐車場に車を停めて、トイレに駆け込んだ。

 用を足した後、A主任は精密ドライバーを紛失したことを思い出し、「ついで」と考えてホームセンターで購入をしてから車に引き返した。初めての場所だったことと売り場が広く、探すのに時間がかかり、結局30分ほど経過してしまった。車に戻ると、なんと車内が物色されていた。確認してみると、後部座席に置いていたノートPCやカバンが丸ごと無くなっていたのである。A主任はすぐにホームセンターに連絡したが、300台以上は収容できる広さの駐車場には管理人がいないので、どうしようもない。その後に警察へ連絡し、会社の上司にも報告した。

事案:ホームセンター内での駐車場でノートPCや得意先の資料が盗まれた。取りあえず企業としてどう対応すべきか?

 A主任は警察で事情聴取を済ませ、ホームセンターに協力を要請した。ただ、駐車場には専任の管理者が不在であり、防犯カメラは出入り口を中心に撮影するだけなので、駐車していた場所を撮影したカメラは無い。今回の視点は、やや変わっている。なぜなら、その防止策というものではないからだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -