レビュー
» 2013年06月12日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:1分で確認 システム管理費圧縮につなげる“3つのプロセス”とは?

クラウドをはじめとする新たな要素の普及により、ネットワークの管理負荷は増大する一方だ。ネットワーク管理負荷を劇的に改善する、投資対効果抜群の管理手法を紹介しよう。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 クラウドにユニファイドコミュニケーション、次世代無線LAN。企業ITを取り巻く最新技術は、業務効率の改善に大いに役立つ。ただし、こうした最新技術の普及によって、足回りであるネットワーク管理の複雑さも増加。業務改善には役立つが、ネットワーク管理者にとっては頭痛の種がますます増える――こうした状況に陥りかねない。

 新たなITの潮流に取り残されたくない。それでも、ネットワーク管理の負荷は増やしたくない。そうした悩みを解決するのが、「自動テスト」「トラブルシューティング」「連携作業」の3つのプロセスを基にしたトラブルシューティング手法である。本資料は、この3つのプロセスを効率化する具体的な手段を紹介。トラブルシューティングにかかる時間を1カ月当たり1週間分も削減、金額換算すると6カ月で元が取れるという、効果的な解決策について見ていこう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ