レビュー
» 2013年06月14日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Google Apps環境でも使えるメール誤送信対策&アーカイブ事例

Google Apps環境におけるメール誤送信対策。この課題を解決した企業の事例を紹介する。人的操作ミスの防御をはじめとする誤送信対策機能、妥当な価格と短期導入を条件に選定し、決定からわずか1週間で誤送信対策および定期アーカイブ環境を構築した。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 コストと効率の最適化を目的に、メール環境をGoogle Appsに切り替えた購買戦略研究所。同社はメール誤送信への対策を迫られ、「Google Apps環境でも使える」製品/サービスの選定を開始した。充実したメール誤送信対策機能といった機能面の要求に加え、妥当な価格と短期導入も条件とした。

 製品/サービスの検討を進めた同社は、条件に最適なサービスにたどり着く。クラウドなのでGoogle Appsとの連携も容易で、短期導入も可能。同社の場合、決定からわずか1週間で導入が完了した。さらに、コンプライアンスの観点からアーカイブサービスも同時に導入。このアーカイブサービスは、Google Appsの「ある仕様」を解決する上でも重要な役割を果すことになった。

 本ホワイトペーパーでは、購買戦略研究所の業務課題から製品選定、導入までのプロセス、導入効果までを詳しく紹介。また、購買戦略研究所が導入したサービスのキャンペーン(Google Appsユーザー向け)についても紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

あなたにオススメの記事

- PR -

新品より高品質な“中古機器”「第三者保守」のメリットと品質とは?

苦労した点は?実際に導入に携わった情シスに「リアル」な話を聞いてみた

現場の情シスはどう思うか? 生産性を高めるためのデバイス導入のポイント

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -