レビュー
» 2013年06月20日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:私物iOS/Android端末急増にどう備える? BYOD時代のネットワーク設計・運用ガイド

私物端末の業務利用「BYOD」の採用は、企業のネットワーク環境に多大な影響をもたらす。BYOD採用を成功裏に進めるために、ネットワーク管理者が把握しておくべきポイントをまとめた。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 スマートフォンやタブレットといったスマートデバイスの業務利用、いわゆる「BYOD」が注目を集めている。一口にBYODを採用するといっても、その前になすべきことは多い。セキュリティ対策をどうするか、OSや端末をどこまで利用可能にするか、端末の利用状況をどう監視するかといった管理面の対策は当然不可欠だ。また、スマートデバイスからLANへアクセスさせることを考慮すると、社内の有線・無線ネットワークが、私物端末解禁による業務端末数の急増に耐えられるかどうかを検証することも忘れてはならない。

 BYODを安心して採用し、その効果を引き出すために、企業のネットワーク管理者は何をすべきか。それを明らかにすべく、エンタープライズコミュニケーションインフラに詳しい、米IDCのRohit Mehraリサーチ担当ディレクターへのインタビューを敢行。BYOD時代のネットワークインフラの設計や運用を失敗させないために、ネットワーク管理者が把握しておくべき内容をQ&A方式でまとめた。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -