ニュース
» 2013年07月03日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:AndroidのマルウェアがiOSよりも多い理由

スマートフォンを狙ったマルウェアの多くがAndroidアプリケーションを悪用している。それはなぜなのか。Androidアプリケーションの配布形態の問題や、セキュリティを高める上で欠かせない技術を説明する。

[TechTargetジャパン運営事務局,ITmedia]

Androidを安全に使うには

 急増するスマートフォンやタブレット向けのマルウェア。その内訳を見ると、マルウェアの数が多いのはiOSではなくAndroidだという。なぜAndroidは攻撃者の標的になりやすいのだろうか。そしてその対策は?

 本コンテンツではAndroidアプリケーションの実態と同時に、セキュリティ対策を行う上で欠かせない技術について解説する。Androidのスマートフォンユーザーだけでなく、Androidの業務利用を検討している企業の情報システム部門担当者にとっても必須のコンテンツだ。

当コンテンツは、TechTargetジャパンの記事をスマートメディアでの表示に最適化し、EPUB/Kindle(mobi)形式で提供するものです。TechTargetジャパン会員であれば、全て無料でダウンロードできます。

※当ページにて提供しているEPUB/Kindle(mobi)形式のコンテンツの利用法は、EPUB/MOBIコンテンツの閲覧方法をご覧ください。

AndroidのマルウェアがiOSよりも多い理由:EPUB版

AndroidのマルウェアがiOSよりも多い理由:mobi版

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ