レビュー
» 2013年07月04日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:クラウド環境に向けてユニファイド・ストレージが選ばれる5つの理由

本格的な普及期を迎えたサーバ仮想化の次のステップとして、多くの企業がプライベートクラウドに向けた変革を進めている。そんな中、現状のストレージのさまざまな課題が指摘され、それらを解決できるストレージに関心が集まっている。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 サーバ仮想化の範囲が拡大し、次のステップとしてプライベートクラウドを目指す企業が増えている。仮想化・クラウド化を支える基盤となるストレージは、これまで以上に重要な役割を担うようになった。その一方で、現状のストレージでは解決できない問題に悩むIT管理者も多い。

 仮想化・クラウド化を支えるストレージには、IT基盤を最適化するさまざまな要件が求められている。その要件を満たすストレージとして、ユニファイド(統合型)・ストレージの採用が増えている。その理由は何だろうか? 本稿では、ユニファイド・ストレージの代表的な製品の機能説明を交えながら、ユニファイド・ストレージが選ばれている主な理由5つを解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -