レビュー
» 2013年07月05日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:間違いやすいVMware環境のバックアップ運用、まずは基礎知識を身に付けよう

現在、多くの企業が仮想環境のバックアップ運用に頭を抱えているという。その悩みを解決する近道は、仮想環境におけるバックアップの仕組みの基礎を確認することだ

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 サーバ仮想化技術が普及するにつれ、多くの企業が新たな課題として仮想環境の運用管理の増大を挙げて、特にバックアップ運用に頭を抱えているという。仮想化のメリットである柔軟な機動性や運用性があだとなり、管理が煩雑になるというのだ。

 しかし、システム全体をファイルとしてカプセル化する仮想環境では、ファイルをコピーするだけでバックアップでき、運用手順の簡素化が可能だ。また、ハードウェアに依存しないリストアもできる。それでもバックアップ運用が難しく感じるのはなぜだろうか?

 本稿では、物理環境との違いや仮想マシンのコンポーネントごとのバックアップの仕組みなど、VMware環境におけるバックアップの基礎を分かりやすく解説。また、vStorage APIs for Data Protection(VADP)を活用したバックアップのベストプラクティスを紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ