ニュース
» 2013年07月10日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:私物iPhone/Androidが企業にもたらす課題と対策

従業員が個人所有するスマートフォンやタブレットの業務利用を許可する「Bring Your Own Devices(BYOD)」。BYODの採用を進める企業が直面する課題と、その具体的な解決策となり得る幾つかの技術を紹介する。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

私物iPhone/Androidが企業にもたらす課題と対策

 「自分が普段使っている端末を、会社でも活用したい」――。こうした従業員の声の高まりを背景に、欧米企業を中心に「Bring Your Own Devices(BYOD)」の採用が進む。従業員はお気に入りの端末を会社に持ち込むことができる。企業にとっても、端末の購入コストが抑えられる。ただし、BYODの解禁はメリットばかりではなく、多くの課題ももたらす。一方、BYODの課題を解決すべく、ベンダー各社は対策を相次いで打ち出している。

 BYODの課題とは何か。その具体的な解決策は。BYOD採用に踏み切る前に確認しておきたい知識をまとめた。

当コンテンツは、TechTargetジャパンの記事をスマートメディアでの表示に最適化し、EPUB/Kindle(mobi)形式で提供するものです。TechTargetジャパン会員であれば、全て無料でダウンロードできます。

※当ページにて提供しているEPUB/Kindle(mobi)形式のコンテンツの利用法は、EPUB/MOBIコンテンツの閲覧方法をご覧ください。

私物iPhone/Androidが企業にもたらす課題と対策:EPUB版

私物iPhone/Androidが企業にもたらす課題と対策:mobi版

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ