レビュー
» 2013年09月09日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:事例:アサヒビールの営業スタイル改革を支えるiPadの認証強化

スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスが、多くの企業で利用され始めている。真の業務効率を実現するには、セキュリティの強化とユーザの利便性の確保が必須。最新のスマートデバイスセキュリティについてアサヒビールの最新事例を紹介する。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 アサヒビールは、営業スタイル改革の一環として東京エリアの飲食店や業務用酒販店を対象とする業務営業にiPadを導入。営業の質の向上や活動の効率性の向上を目指した。

 その実現にはセキュリティと利便性の確保という相反する課題があった。営業が意識せずに強固な認証を実現するために「ベリサイン マネージドPKI for Device」を採用。

 本ホワイトペーパーでは、アサヒビールの営業スタイル改革を行うために導入されたiPadの認証強化の背景と、ベリサイン マネージドPKIサービスの活用方法を詳しく紹介する。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ