ニュース
» 2013年10月29日 14時08分 UPDATE

Twitterの訪問者当たりの売上高は前年の4倍──Adobe Digital Index調べ

Adobe Systemsが発表したソーシャルメディアの広告に関する年次報告書によると、小売りサイトへの流入元としてはFacebookが圧倒的なシェアだが、Twitterが急成長しているという。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterの訪問者当たりの売上高は前年比300%増(4倍)の44セント、米Facebookは39%増の93セントだった──。米Adobe Systemsが10月28日(現地時間)に発表したソーシャルサービスに関する年次報告書「Social Media Intelligence Report」で明らかになった。

 今回が初になる同報告書のために、Adobeは1310億件以上のFacebookの広告インプレッション、10億件以上のFacebookへの投稿、4億件以上のTwitterを含むSNSへのユニーク訪問者を調査したとしている。

 15ページから成る報告書は、Facebookを中心に、ペイド/アーンド/オウンドの項目別にデータを提供している。

 Facebookでは、CTR(表示した広告がクリックされた数の割合)が昨年の2倍になった。広告の種類としてCPC(クリック単価ベース)の方がCPM(インプレッション単価ベース)よりもまだ多いが、CPMベース広告は前年比275%増加しており、CPCベースは40%減少した。

 adobe 1 CPCとCPMの推移(資料:Adobe Systems)

 小売りサイトへの流入元としてはFacebookが圧倒的に多いが、前年の77%から15ポイントシェアを下げた。次にシェアが高いのは7ポイント増のPinterest(シェアは15.3%)、3位は4.9ポイント増のTwitterだった。

 adobe 2 小売りサイトへの流入元シェア(資料:Adobe Systems)

 報告書はこちらからダウンロードできる。

変更履歴:本文中、公式ブログの「The Adobe Digital Index team examined more than 200 billion Face­book ad impressions」という記述に従って「Adobeは2000億件以上のFacebookの広告インプレッション」としていましたが、報告書の方では「131 billion Facebook ad impressions」となっているので報告書に合わせて訂正しました。[2013/10/29 21:00]



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -