レビュー
» 2013年10月30日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:重複排除圧縮でバックアップ容量を大幅削減。仮想環境でコスト削減もできるイメージングバックアップソフト

「バックアップや復旧に時間がかかる上、直近の状態に戻せない」。このような限界に突き当たっている現場が増えている。また、サーバーの仮想化を推進する上でも、バックアップコストの増大は大きな課題だ。これらの解となる事例を紹介する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

イメージングバックアップソフト「ActiveImage Protector」の企業導入事例(取材記事)

■背景

  • 業務拡大に伴い、従来の方式では精度、速度、運用の複雑さの面で限界。
  • 仮想化に伴うサーバー数の増加と共に顕著化。

■導入のポイント

  • 運用面、価格面の双方でバランスのとれたバックアップソフトを検討。
  • バックアップ機能、仮想化機能とも十分な機能を確認。
  • 低価格、サポートの良さ、簡単な操作性。
  • 重複排除圧縮機能でバックアップ容量が60%程度まで縮小。

■その他

  • 本番環境にトラブルが発生するも、短時間の作業で復旧。
  • 社内インフラの仮想化のトラブルを物理−仮想変換(P2V)機能で解決。
  • オフサイトにバックアップイメージを転送できる「レプリケーション機能」。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -