ニュース
» 2013年11月05日 17時59分 UPDATE

日立グループ、自治体向けIT製品・サービス群を「ADWORLD」に体系化

日立グループは、グループ会社がそれぞれ独自に開発、販売してきた自治体向けのIT製品やサービス群を統合し、新たに業務別に体系化した。

[ITmedia]

 日立製作所と日立システムズ、日立ソリューションズ、日立公共システムの4社を中心とする日立グループは、11月5日、自治体向け事業を強化すると発表した。

 今回の事業強化では住民情報システムや介護保険システムといった、これまで日立グループがそれぞれ独自に開発、販売してきた自治体向けのIT製品やサービス群を統合し、新たに業務別に体系化した日立 自治体ソリューション「ADWORLD」として、11月6日から4社を中心とする日立グループで販売を開始する。

 さらに、4社の事業企画部門や開発部門、営業部門、そして販売促進部門でタスクフォースを立ち上げ、自治体向け事業戦略やさまざまな施策の共有を行い、一体的な事業推進を実現する。これにより、自治体向け事業の国内市場における日立グループの競合力を高め、連結ベースでの事業拡大を目指すという。

 ADWORLDは、住民情報の管理や財務管理、介護保険といった基幹業務システムから各種証明書の自動交付やコンビニ交付、公共施設の予約システムなど、自治体の幅広い業務への対応を実現するトータルソリューションとなる。番号制度への対応やセキュリティ対応に加え、各社の持つ幅広い分野のノウハウやビッグデータ、オープンデータの技術を活用した製品を開発するなど、さらなる強化を行っていくという。また、日立グループのパートナー各社の製品でも、一定の基準を満たすものについてはラインアップに追加するなど、ADWORLDの拡充を図っていく。

 日立グループは、自治体向けの事業として2015年度までに国内市場におけるシェア30%を目指している。

hitachi1105.gif 自治体ソリューション「ADWORLD」の製品・サービス群の統合、ブランド統一に関する概要

関連キーワード

自治体 | IT製品 | 公共


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ