ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「自治体」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「自治体」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

大東建託が居住の満足度を調査:
首都圏の住み心地がいい街 「東京・中央区」が4年連続1位
大東建託は「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2022<首都圏版>」を発表した。「住みここち(自治体)ランキング」の1位は「中央区」、2位は「文京区」、3位は「目黒区」となった。(2022/5/22)

埼玉県の「住みここち」ランキング、自治体1位は「さいたま市浦和区」 住みたい街の上位は?
調査対象者は埼玉県に居住する、成人男女3万5595人。(2022/5/19)

千葉県の「住みここち」ランキング、自治体1位は「浦安市」 住みたい街の上位は?
調査対象者は千葉県に居住する、成人男女3万2485人。(2022/5/18)

神奈川県の「住みここち」ランキング、自治体1位は「横浜市都筑区」 住みたい街の上位は?
調査対象者は神奈川県に居住する、成人男女5万2066人。(2022/5/18)

プロジェクト:
愛媛県内子町で地域連携型のバイオマス発電所が着工、竹中工務店
竹中工務店は、内藤鋼業やサイプレス・スナダヤ、三洋貿易、大日本コンサルタントとともに、愛媛県内子町で開発を進めていた「内子龍王バイオマス発電所」が2022年5月に着工したことを公表した。今後は、内子龍王バイオマス発電所の事業を通じ、地域の脱炭素化や防災力強化に貢献する木質バイオマス発電事業として、地方自治体や地元企業と連携した「木質バイオマスによる持続可能なまちづくり」の先導モデルとなるように取り組んでいく。(2022/5/16)

PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、6月以降のキャンペーンを発表
PayPayは、地方自治体と共同で実施している「あなたのまちを応援プロジェクト」へ6月以降に参加する20の自治体を発表。今回発表した自治体を含め、317の自治体でのキャンペーン実施が決定している。(2022/5/9)

電動化:
bZ4Xの月額利用料が決定、CEV補助金適用で月々8万8220円から
トヨタ自動車は2022年5月2日、フルサービスリース「KINTO」での新型電気自動車(EV)「bZ4X」の月額利用料を発表した。申込金77万円の他、月々8万8220円の支払いとなる(CEV補助金のみ適用。FWDモデルで18インチタイヤ、標準ルーフパッケージ、追加オプションなしの場合)。地方自治体の補助金を適用すれば、月額利用料をさらに抑えることもできる。(2022/5/3)

発展しそうな街は:
愛知県の人が“住み続けたい”と思う街 1位は「長久手市」
リクルートは愛知県に居住している人を対象にアンケート調査を実施し、「SUUMO住民実感調査2022 愛知県版」を集計した。その結果、住み続けたい自治体ランキングをみると……。(2022/4/29)

モビリティサービス:
介護施設の朝夕の送迎を個別最適から全体最適へ、ダイハツが共同送迎の導入支援
ダイハツ工業は2022年4月22日、通所型の介護施設での送迎業務を地域で効率化するためのサービス「ゴイッショ」の販売を開始したと発表した。自治体や介護施設、送迎業務を受託する地域の交通事業者に参加してもらい、地域の全体最適が実現できるよう支援する。(2022/4/25)

ポケトーク、ウクライナ避難民支援でAI翻訳機を寄贈 兵庫県に100台
ポケトークが、ウクライナ避難民支援に向けAI翻訳機「POCKETALK W」100台を兵庫県に寄贈する。日本語が分からないウクライナ避難民や、支援に当たる自治体やNPOの担当者に提供する。(2022/4/21)

防災:
新たな3D仮想都市浸水シミュレーションモデル、東京海上日動火災保険ら
東京海上日動火災保険は、応用地質やTengun-labelと共同で、台風や集中豪雨などによる浸水被害の可視化と即時把握につながる「3D仮想都市浸水シミュレーションモデル」を開発した。今後は、モデルを高度化することで、全国各地の自治体向けに、防災計画や浸水対策、被災後の活動支援を達成する防災・減災サービスを提供することを目指す。(2022/4/18)

スマホ決済4月のキャンペーンまとめ【4月17日最新版】 10%〜30%還元が続く
2022年4月17日〜25日のスマホ決済キャンペーンをまとめた。PayPayは2000円(税込み、以下同)以上の買物で最大半額が当たるキャンペーンを実施。au PAYは自治体と連携して最大30%を還元。タクシーアプリ「GO」でのd払い決済で20%還元も続く。(2022/4/17)

東京外大、ウクライナ語入門講座をオンラインで開講 避難民受け入れる自治体・法人向け
東京外国語大学は、ウクライナからの避難民を受け入れる日本の自治体・法人の担当者向けに、ウクライナ語講座をオンラインで開講する。今般のウクライナ情勢を受けて緊急で開講を決めたという。(2022/4/14)

吉村知事「チャレンジの後押しに」 スーパーシティ政令決定に
政府は「スーパーシティ」に茨城県つくば市と大阪市を指定するため、国家戦略特区を定める政令改正を閣議決定した。政府は今後、それぞれの特区について自治体首長らが参加する国家戦略特区会議を設置し、区域計画案を作成する。(2022/4/13)

au PAYが東京都/大阪府/京都府の3自治体と連携 5月1日から最大20%還元キャンペーン開催
KDDIは、5月1日から東京都/大阪府/京都府の3自治体と連携したキャンペーンを開催。au PAY(コード支払い)の利用で、決済額の最大20%のau PAY 残高を還元する。(2022/4/12)

データセンター新設に前向きな土地リスト、経産省が公開 地方のDC誘致を支援
経済産業省が、データセンターの新設に前向きな土地のリストを公開した。新設に前向きな地方公共団体と意見交換したところ、100以上の団体から候補地の提案があったことから「データセンターの立地を検討する事業者に資するよう公表した」という。(2022/4/12)

kintone、自治体向けに1年間無料提供キャンペーン 50団体限定で
サイボウズがノーコード開発ツール「kintone」を、50の自治体限定で1年間無料提供する。(2022/4/11)

SMOUT移住アワード2021:
「魅力的な情報を発信する」自治体ランキング 市町村1位は「山口県萩市」、都道府県1位は?
調査対象者は「SMOUT」に登録している一般ユーザー3万4238人、参加地域数は日本国内の520地域。(2022/4/11)

スマホ決済4月のキャンペーンまとめ【4月10日最新版】 10%〜30%還元が目白押し
2022年4月10日〜18日のスマホ決済キャンペーンをまとめた。PayPayは2000円(税込み、以下同)以上の買物で最大半額が当たるキャンペーンを実施。au PAYは自治体と連携して最大30%を還元。Coke ON Pay対応自販機では100円以上の製品の購入で毎週100円相当がもどってくる。(2022/4/10)

“政府認定クラウドサービス”から自主的にサービス取り下げ 辞退企業に理由を聞いた
日本政府が定めるクラウドサービスの認定制度「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度」(ISMAP)の登録を自ら取り下げたSaaS企業。自治体・官公庁向けにサービスを提供しているにもかかわらず、自主的に登録を解除した理由とは。(2022/4/7)

スマホ決済4月のキャンペーンまとめ【4月3日最新版】 最大100%還元施策で新生活をお得に
2022年4月3日〜10日のスマホ決済キャンペーンをまとめた。PayPayは2000円以上の買物で最大半額が当たるキャンペーンを実施。au PAYは自治体と連携して最大30%を還元。楽天ペイは抽選で最大全額をポイント還元する。(2022/4/3)

ICT:
オープンデータを用いた公共施設アセットマネジメント支援システムを開発、鹿島建設ら
鹿島建設は、グループ会社のアバンアソシエイツなどとともに、地方自治体の公共施設アセットマネジメントを支援する分析システム「KCITY-M」を開発した。今後は、KCITY-Mを活用して、公共施設の維持・再編や防災・BCP対策など、地方自治体への支援サービスを展開し、地域社会の課題解決に貢献していく。(2022/4/1)

PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、5月以降のキャンペーンを発表
PayPayは、地方自治体と共同で実施している「あなたのまちを応援プロジェクト」へ5月以降に参加する7の自治体を発表。今回発表した自治体を含め、310の自治体でのキャンペーン実施が決定している。(2022/3/31)

3G停波で注目の「スマホ教室」 自治体連携を進めるソフトバンクが抱く課題とは
スマートフォン初心者を対象としたスマホ教室のニーズは年々高まっている。携帯キャリアはキャリアショップで「スマホの使い方教室」を展開しており、ソフトバンクは「スマホアドバイザー」を各店舗に配置している。スマホ教室参加者に話を聞いてみると、「スマホにしない理由」は人それぞれだった。(2022/3/30)

住みたい駅も調査:
「関西の住みたい街ランキング2022」 2位は「大阪市北区」、1位は?
リクルートは「SUUMO住みたい街ランキング2022 関西版」を発表した。住みたい自治体と駅をそれぞれ調査した。自治体2位は「大阪市北区」、1位は?(2022/3/29)

自治体から「BTC Paid」「Hello」など91万件 踏み台攻撃で送られた迷惑メールの件名公開
SBテクノロジーへの攻撃により、自治体ドメインから迷惑メール約91万件が送信された問題。自治体別の送信件数と、メールのタイトルが公表された。(2022/3/24)

自治体から迷惑メール91万件 SBテクノロジーのセキュリティクラウド、設定ミス突かれ踏み台に
自治体向けセキュリティクラウドが迷惑メールの踏み台に。SBテクノロジーの設定ミスが原因。(2022/3/22)

スマホで「ふるさと納税のワンストップ特例申請」 シフトプラスとNTT Com共同開発
 シフトプラスとNTTコミュニケーションズは、ふるさと納税のワンストップ特例申請に伴う、寄附者の申請手続きと、自治体の申請処理の負担軽減を実現するオンライン申請システムの共同開発に合意した。同システムは、シフトプラスより自治体向けに、5月より提供開始を予定している。(2022/3/22)

GIS:
AIGIDが地下埋設物を3Dで可視化、地下工事に伴う埋設照会や立ち合いを省力化
AIGIDは、国土交通省のオープンデータ「国土交通データプラットフォーム」と、自治体広域エリア(千葉県柏市、静岡県三島市、大阪府富田林市)を対象に地下埋設物の3Dデータを可視化する実証実験を行った。(2022/3/31)

楽天Gのウクライナ支援基金、開始約1週間で8億円集まる ふるさと納税で支援の自治体も
楽天グループが2月末に創設した「ウクライナ人道危機 緊急支援募金」の募金額が8億円を突破した。ふるさと納税を活用して、支援する自治体もある。(2022/3/10)

沢渡あまねの「脱アナログ庁」:
井の中の蛙「コロナ感染、菓子折りで謝罪せよ」――日本のおかしな組織文化
新型コロナウイルスによる隔離後、職場で菓子折りを配らなかったら上司や同僚から指摘を受けた――そんな内容のニュースがネット上で話題となった。なぜ、こうしたウェットな組織文化が生まれてしまうのか。350以上の企業や自治体、官公庁などでの組織や業務の改革支援を行ってきた沢渡あまね氏が、解説する。(2022/3/10)

「市民向け健康増進アプリ」の政策【後編】
肥満の健康リスクを「ヘルスケアIT」で解消したい英国政府、市民の懸念は
英国政府は、自治体が市民に提供する健康増進アプリケーションの実証実験を支援している。政府がヘルスケアITツールの普及を推進する狙いと、市民が懸念する「個人情報保護」の問題は。(2022/3/8)

スマートニュース、5歳から11歳のワクチン接種について各自治体の情報を提供
スマートニュースは、5歳から11歳を対象とした新型コロナワクチン接種開始に合わせ、ニュースアプリSmartNews内の「新型ウイルスチャンネル」の機能を拡充した。(2022/3/2)

PayPay請求書払い、4月からPayPayボーナスの対象外に
「PayPay請求書払い」で支払いが可能な自治体が拡大し、順次全ての都道府県の都道府県税と政令指定都市の市税/料金が対応。ただし、4月1日からPayPayボーナス付与特典の対象外になる。(2022/3/2)

PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」 、4月以降に参加する6の自治体を発表
PayPayは、地方自治体と共同で実施している「あなたのまちを応援プロジェクト」へ4月以降に参加する6の自治体を発表。308の自治体でのキャンペーン実施が決定し、キャンペーン数はのべ484となった。(2022/2/28)

第26回「震災対策技術展」横浜:
凸版印刷が津波と風水害の事前学習システムを開発、ストリートビューで浸水体験可能
凸版印刷は、防災科学技術研究所と共同で、住民が津波と風水害の事前学習を行えるオンライン避難学習システム「リアルハザードビュワー」を開発した。今後は、自治体をメインターゲットに2022年4月にリアルハザードビュワーをリリースする予定だ。(2022/2/28)

「市民向け健康増進アプリ」の政策【前編】
健康づくりで映画券ゲット 「健康増進アプリ」を英国自治体が始めた“深刻な理由”
英国ウルバーハンプトン市は、健康的な行動に対して報酬が発生するスマートフォンアプリケーションを試験運用している。地域住民の食生活改善と運動促進の支援を目指す、その取り組みの背景とは。(2022/2/28)

NTT東日本と七十七銀行が連携、地方のIT推進をワンストップ支援
NTT東日本は七十七銀行と連携して、地元企業や地方公共団体などのDXをワンストップで支援する体制を整備した。地域が抱える課題に対応してIT化を支援する。(2022/2/22)

滋賀県公式アカウントは130個 乱立にメリットなし
滋賀県が保有しているSNSアカウントが約130個にのぼっている。約4年にわたって放置されているアカウントもあり、県はアカウントの運用を見直した。自治体のアカウントは乱立しがちだが、災害時の情報インフラとして重要な役割を果たすこともある。(2022/2/8)

クラウド事例ウォッチ:
アクセス数が読めないサービス、提供基盤はどう選ぶ? ワクチン予約システムを手掛けた地方SIerの判断
地方自治体向けにITサービスを提供する四国情報管理センター。これまではオンプレ基盤でサービスを開発していたが、21年3月にリリースしたワクチン予約システムの提供基盤にはAWSを採用した。同社がAWSを活用しようと考えた背景とは。(2022/2/2)

自治体と銀行、ライフライン事業者を丸ごと連携「引越しワンストップサービス」は実現するか、実証実験の結果
トッパン・フォームズは、引越しに伴って発生する各種手続きのオンライン化に関する実証実験を実施した。複数の自治体や金融機関での各種手続きをスマートフォンから一度にまとめて手配する仕組みだという。(2022/2/1)

医療機関も使いやすさに納得:
PR:IT先進自治体でも大苦戦? 非効率だったワクチン配送を、つくば市が変えられたワケ
2021年に本格化した新型コロナワクチンの接種。この対応に追われたのが、各地方自治体。IT活用に積極的なつくば市も、ワクチン配送に苦労した自治体の一つだ。しかし、12月から始まった3回目接種では、あるツールを活用し、大幅な効率化を実現できているという。そのカギとは。(2022/1/31)

産業動向:
熊谷組らが国産バーク材原料の開発に成功、愛媛県でエネルギー循環システムを構築
熊谷組は、清本鐵工とともに、高品質なバイオマス燃料となる「ブラックバークペレット」を開発した。現在、地方自治体や地元火力発電事業者と連携し、地域特性に合わせて、ブラックバークペレットを用いた地産地消のエネルギー循環システムを展開している。(2022/1/28)

クレカ基盤への不正アクセス問題 自治体EC・映画予約サイトなど、安全のため決済機能停止
メタップスペイメントのクレジットカード決済基盤が不正アクセスを受けた問題で、複数のサービスがクレジットカード決済機能を停止する事態になっている。情報漏えいの有無は現在調査中。(2022/1/26)

行政向けネットワーク「LGWAN」で全国的な通信障害 自治体メール、証明書コンビニ交付サービスなどに影響【一部復旧】
「LGWAN」で全国的な通信障害が発生している。地方公共団体が利用するメールシステムや、コンビニでの証明書交付サービスなどに影響があり、地方公共団体情報システム機構が復旧を急いでいる。(2022/1/26)

NTT東がDX推進のための新会社設立 地方自治体や中小企業をワンストップ支援
NTT東日本は2021年1月24日、新会社「NTT DXパートナー」を設立すると発表した。地方の中小企業や自治体向けにDXコンサルティングやシステム実装などをワンストップで支援する。(2022/1/25)

業績に大きな開き:
飲食店社長が激白、自治体要請の“矛盾”「本来あるべき姿ではない」
新型コロナウイルスの流行は約2年に及び、飲食業は厳しい状況にさらされている。いまも「蔓延防止等重点措置」が各地で適用されるなか、全国に飲食店を展開する「ドリームリンク」の村上雅彦社長は、自治体の要請が抱える矛盾を指摘した。(2022/1/22)

代金支払いよりも避難を――「びっくりドンキー」の対応に賞賛の声 トンガ噴火で津波注意報
南太平洋の島国トンガを襲った、海底火山の大規模噴火。気象庁が津波警報や注意報を発令した。沿岸の自治体を中心に住民の避難指示が出る中、ハンバーグレストラン「びっくりドンキー」の従業員が、代金の支払いよりも利用者の避難誘導を優先したとして、Twitterで賞賛を浴びている。(2022/1/21)

炎上・中止から9年――JR東、Suicaデータから駅の利用状況分析「カルテ」外販へ
Suica利用者のデータを基にした統計情報リポート「駅カルテ」をJR東が発表。駅ビルなど自社グループ内で活用する他、自治体など社外に販売することも検討する。(2022/1/21)

12自治体から試験的に実施:
ヤフー、自治体からの情報発信サービス機能を拡充 災害に加え生活情報も提供
ヤフーは、自治体からの情報発信サービスの機能を拡充した。(2022/1/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。