ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「自治体」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「自治体」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

LINEで住民票請求から手数料支払いまで――マイナンバーカードを使った公的個人認証、LINE Payが対応へ
LINE Payが公的個人認証サービス(JPKI)に対応。例えば、住民票が必要な際、自治体のLINE公式アカウントで質問に答えて必要事項を送信した後、JPKIを通じて本人確認し、手数料をLINE Payで支払って郵送で受け取る――といった使い方を想定。(2020/9/24)

全国の自治体で初の試み QRコードを用いた電子請求の効率化とは
横須賀市は、NECらと共同で、QRコードを用いた電子請求プラットフォーム「Haratte」を活用し、市役所の請求業務を効率化する実証実験を開始する。自治体と民間事業者双方の請求書作成や経理処理について評価や検証を行う。(2020/9/23)

産業動向:
「空き家対策の担い手強化・連携モデル事業」59件を採択、国土交通省
国土交通省は、「空き家対策の担い手強化・連携モデル事業」で応募があった117件の提案の中から59件(地方公共団体4件、民間団体55件)を採択。モデル的な取り組みを支援し、全国に成果の拡大を図る。(2020/9/14)

北九州市、オンラインシフトの挑戦:
PR:「V-CUBE」活用で地元就職を活性化 ノウハウがなかったオンライン企業説明会を地方自治体はどう成功させた?
(2020/9/18)

「LINEで住民票」に国が“待った”→開発企業が国を提訴「イノベーションを阻害している」
LINEを使って住民票の写しを請求できるサービスについて、総務省が「法律上問題がある」などと自治体に利用しないよう通知したことは不当だとして、同サービスの開発・運営しているベンチャー企業が、総務省を提訴した。(2020/9/11)

Gartner Insights Pickup(174):
政府機関や自治体でクラウド展開を最適化する5つの施策
政府機関や地方自治体ではクラウドの導入がなかなか進んでおらず、それにはさまざまな理由がある。だが、これらの組織のCIOは、クラウドの導入拡大に必要な施策を理解し、実践すべきだ。(2020/9/11)

千葉、台風15号から1年 進む電源確保 電力会社と自治体、役割明確化
2019年台風15号が千葉県を襲ってか1年がたつ。千葉県では、非常用電源の確保や電力会社と自治体の連携などが進んでいる。(2020/9/9)

行政手続きオンライン化、コロナ禍で加速 大阪市8月から
行政手続きのオンライン化はこれまで、オンライン申請の利用者が限定的で導入の動きの鈍い面もあったが、新型コロナの感染拡大で需要が増大している。自治体も職員の業務効率化なども見込めるとして導入を始めている。(2020/9/1)

災害支援のデジタル化:
寄付金・水・電力・医療の包括的な災害支援、「平時にも使える」強みで自治体のレジリエンスを強化
ふるさと納税のWebサービスを自治体に提供しているトラストバンクは、この仕組みを災害時の寄付金募集にも応用し、水資源、緊急医療、エネルギーのサービスも追加して、災害支援を包括的にカバーする新規事業を開始した。全てのサービスが非常時だけでなく、日常でも使えることが特長で、いざというときに自治体担当者がイチからオペレーションを学ぶ必要が無く、即時に対応できるのが他に無い強みとなっている。(2020/8/28)

メルカリ、売り上げを自治体に寄付できる新機能 鎌倉市、瀬戸市を対象に9月から
メルカリが9月1日に、ユーザーが自治体に売り上げを寄付できる新機能をリリースする。社会貢献活動の一環で、第1弾は神奈川県鎌倉市、愛知県瀬戸市からスタートする。今後も寄付先の拡充を図る方針。(2020/8/27)

サイバーダイン つくば市に除菌消毒作業ロボ納入
筑波大学発ベンチャー企業のサイバーダインは、同社が開発した除菌消毒作業ロボットを茨城県つくば市に納入した。このロボットが地方自治体に採用されたのはこれが初めて。(2020/8/27)

大阪スマートシティー実現へ 企業や大学245団体集結
大阪府が、企業や府内の自治体などの団体で構成する会議体「大阪スマートシティパートナーズフォーラム」を立ち上げた。行政と企業のデータ連係などを図る。スマートシティーを大阪・関西万博までに実現し、大阪の成長につなげる狙い。(2020/8/27)

サイバーダイン つくば市に除菌消毒作業ロボ納入
 筑波大学発ベンチャー企業のサイバーダインは、同社が開発した除菌消毒作業ロボットを茨城県つくば市に納入した。このロボットが地方自治体に採用されたのはこれが初めて。(2020/8/26)

年度内に50以上のサービスをデジタル化へ:
マイナンバーカードをスマホで読み取り 加賀市が行政手続きのデジタル化に踏み切れた理由
石川県加賀市は、トラストバンクとxIDが手掛ける「LoGoフォーム電子申請」を導入。スマートフォンでマイナンバーカードを読み取ることで、登録情報を申請フォームに連携させる。新型コロナウイルス対策や自治体の業務効率化に向けたデジタル化のニーズが高まる中、同市はなぜいち早く実現に踏み切れたのか。(2020/8/13)

自粛の夏、VRでお墓参り コロナ禍で代行サービス
 お盆中も新型コロナウイルスの感染拡大で都道府県をまたぐ移動の自粛を呼びかける自治体が相次ぐなか、全国の石材店で組織する「全国優良石材店の会」(東京都品川区)は、VR(仮想現実)を使ったお墓参りの代行サービスを実施している。撮影された映像をVRゴーグルで見ることで自宅にいながらお墓参りを疑似体験でき、同会は「コロナや高齢などを理由にお墓参りに行きたくても行けない人たちの思いに少しでも応えられたら」と期待する。(2020/8/12)

ByteDance、自治体のTikTok利用停止に「心配をかけて大変申し訳ない」
中国ByteDanceの日本法人は、埼玉県や神戸市などの自治体がTikTokを使った広報活動を中断したことを受け、「自治体、自治体在住の皆さまに心配をかけて大変申し訳ない」とコメントした。(2020/8/6)

自民「中国アプリ」制限方針なのに…神奈川県などは「TikTok」と提携して大丈夫か!? 米印でも排除の動き
 中国企業が運営し若者に人気の動画アプリ「TikTok(ティックトック)」をめぐり、米政府は個人情報が中国側に渡る恐れがあるとして使用禁止を検討、インドではすでに禁止している。日本でも自民党が中国アプリの利用制限を政府に提言する方針を固めたが、神奈川県などの自治体はティックトックとの提携を進めている。大丈夫なのか。(2020/7/31)

コロナ禍でFAX・Excelから脱却 感染者データをクラウドで管理 ITで変わる自治体の今
役所では、紙とファクスを使った情報共有などの文化が根強く残っている。だが、新型コロナウイルスの感染が拡大し、地方自治体にもスピード感ある情報共有が求められるようになった。この状況に対応するため、クラウドを活用する自治体も現れつつある。その活用法はどんなものか。(2020/7/31)

ソフトバンクG、唾液PCR検査で新会社 社員や自治体、法人に「低価格・高頻度で提供」
ソフトバンクグループが、唾液PCR検査を行う新会社を設立。社員やソフトバンクホークスの選手に試験的な検査を実施し、将来は自治体や法人などに対象を拡大する。「低価格・高頻度での提供を目指す」という。(2020/7/30)

軽井沢に新施設もオープン:
ワーケーションのポータルサイト、三菱地所が開設 施設予約や旅程づくりに対応
三菱地所は、ワーケーションの情報を発信するポータルサイトを開設した。施設予約ができるほか、現地での活動を組み込んだ旅程を作成して発注できる。自社運営の2施設に加え、今後は他の施設や自治体の情報も掲載していく。(2020/7/28)

日立、ローカル5Gや自営BWAを検証可能な試験局を9月にオープン
日立情報通信エンジニアリングは、9月にローカル5Gや自営BWAを体験・検証できる実験試験局をオープン。あわせて、設置する同社中井事業所の地域自治体である神奈川県中井町とローカル5Gを活用した地域活性化の取り組みについて共同で検討・推進していく。(2020/7/22)

「581万世帯が未受給」10万円給付の申請期限迫る
 新型コロナウイルスの感染拡大に伴って導入された、国民1人当たり10万円を配る特別定額給付金の申請期限が迫っている。期限は各市区町村ごとに異なるが、申請は受け付け開始から3カ月以内と定められているため、今月末から順次、受け付けを締め切る自治体が出てくる見通しだ。全世帯の約1割はまだ給付金を受け取っていないとみられ、総務省は早めの申請を呼び掛けている。(2020/7/20)

コロナ支援制度を検索できる都のサイト、ソースコード一部公開 「IT詳しくない他の自治体も活用を」
都がコロナに関する支援制度情報をまとめたサイトのソースコードを一部公開。プログラミングやIT技術に詳しくない他自治体の職員にも活用してもらいたいという。(2020/7/10)

キャッシュレス主流も根強い商品券 お年寄りに配慮
新型コロナの影響で落ち込んだ事業者の売り上げを支えるため、全国の自治体が新たなキャッシュレス決済のポイント還元制度に乗り出している。人口が少なくお年寄りの多い地域では、キャッシュレス決済ではなく、商品券を活用するところもある。(2020/7/9)

有料レジ袋が指定ごみ袋に 埼玉・北本市「お金を出すなら…」
 スーパーやコンビニエンスストアなどでのレジ袋有料化が1日、スタートした。大手コンビニで1枚3〜5円と決して高額ではないが、出費を少しでも抑えたいのが消費者心理だ。埼玉県北本市などは「どうせお金を出すなら使えるものを」と、自治体の「指定ごみ袋」として使うことができるレジ袋を製造し、小売店に導入を促している。(2020/7/2)

PayPay、自治体タッグで住民向け還元キャンペーン マイナポイント連携も
PayPayが、モバイル決済サービス「PayPay」を導入する自治体に対し、住民向けキャンペーンの実施を支援する「あなたのまちを応援プロジェクト」をスタート。新型コロナウイルスの影響で打撃を受けた地域経済の活性化を目指す。(2020/7/2)

マイナンバーカードを新規発行できない不具合 原因不明も「自然に復旧」
マイナンバーカードを新規に発行できない不具合が発生。暗証番号を設定するシステムに接続しづらい状況になっていた。すでに復旧したが原因は不明。運用を手掛ける地方公共団体情報システム機構が調査を進めている。(2020/6/29)

日本マイクロソフト COVID-19軽症患者向けの健康管理アプリに技術協力
日本マイクロソフトは、東京都がCOVID-19軽症患者向けに提供する「健康管理アプリケーション」に技術協力した。同社は、他の自治体でも同アプリケーションを利用できるよう「GitHub」にソースコードを公開した。(2020/6/24)

東京都がローカル5G免許取得 中小企業に実験施設を提供
東京都が自治体としては初めてローカル5Gの免許を取得した。5G通信の実験ができる場を都内の中小企業などに提供し、製品やサービスの開発を支援したい考え。(2020/6/22)

「川の様子見てくる」をIoTで センサーとクラウドで水位を可視化 NECが防災システム
NECプラットフォームズが、河川の水位を遠隔で計測し、Webブラウザに結果を表示できるIoTシステムを自治体向けに発売。住民の防災意識を高める効果を見込む。(2020/6/17)

今ある資産をつないで価値を生む
DX推進の要、API活用のセキュリティリスクと解決策は
金融機関や自治体、公共サービスなどを中心に自社システムのAPI公開を進める動きが活発だ。ユーザーのインテグレーションを阻害せず、セキュリティを維持して運用するにはどういった方法があるだろうか。(2020/6/16)

AIで児童虐待を予測するシステム 自治体や相談所の早期対応を支援
AI開発のFRONTEOが、寄せられた相談を基に、AIが児童虐待の予兆を検知するシステムの提供を始めると発表した。早期に適切な相談対応を取れるよう支援する。(2020/6/12)

IT活用で変化する自治体の今:
行政にアジャイルなITプロジェクトは実現可能か? 市川市・高山市の「窓口改革」から学ぶポイント
連載第3回となる本稿では、自治体の主要業務でもある「窓口業務」「行政手続」の改革に、内製の手法で取り組んでいる事例を紹介したい。(2020/6/12)

コロナ禍の「ランサムウェア」対策【後編】
新型コロナ便乗の「ランサムウェア」攻撃は病院にとって脅威となるのか
新型コロナウイルス感染症に乗じるランサムウェア攻撃が増加し、医療機関や地方自治体の活動を妨げることを専門家は懸念する。その背景や想定される被害はどのようなものか。(2020/6/12)

10万円支給なぜ遅い? 大阪・四條畷市長がnoteで解説
特別定額給付金の支給を巡り、支給の遅さやオンライン申請での混乱に疑問が渦巻いている。大阪府四條畷市の東修平市長はnoteで自治体の対応状況について説明し、理解を求めた。(2020/6/10)

Weekly Memo:
なぜコロナ対策でRPAが“引っ張りだこ”なのか? 国や自治体で導入進む
企業や行政機関がコロナ対策としてRPAを導入する動きが活発になってきた。なぜ、コロナ対策でRPAが引っ張りだこなのか。この市場をリードするUiPathへの取材をもとに考察してみた。(2020/6/8)

コロナ禍の「ランサムウェア」対策【前編】
新型コロナ禍だからこそメールの不審URL・不審ファイルに警戒すべき理由
新型コロナウイルス感染症に乗じるランサムウェア攻撃が増加し、医療機関や地方自治体の活動を妨げることを専門家は懸念する。その背景や想定される被害はどのようなものか。(2020/6/5)

Mobile Weekly Top10:
「特別定額給付金」をスマホで申請する方法(中止した自治体もあり)/Googleアプリが使えるHuaweiスマホ登場
新型コロナウイルス対策の1つとして始まった「特別定額給付金」制度。マイナンバーカードがあれば、スマートフォンからも申請できるのですが、自治体側の負担は大きいようで、一部の自治体ではオンライン申請を中止してしまいました……。(2020/6/1)

イクスピアリは再開:
東京ディズニーリゾート、臨時休園を継続 再開日は未定
オリエンタルランドは、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの臨時休園を継続すると発表。再開日は自治体からの要請などを踏まえて今後判断する。(2020/6/1)

NTTデータ、地域別“新型コロナ注目テーマ”を視覚化 住民の関心を自治体施策の参考に
NTTデータは、Twitter上での新型コロナウイルス関連の投稿を分析し、発言内容のカテゴリーや頻度を都道府県ごとに確認できるWebサイトを公開した。(2020/5/27)

自治体の光回線整備に500億円投入 2次補正予算に計上へ
政府が新型コロナウイルス感染症の拡大による通信需要の増加を受けて、全治自体を対象とした光ファイバー回線の整備に500億円を投じる方針を5月26日に固めた。予算は2020年度の2次補正予算案に盛り込む。(2020/5/27)

給付金10万円いつ届く? 支給手続きで混乱 最後は人海戦術
 新型コロナウイルス対策として、1人10万円の特別定額給付金の支給が、一部ではすでに始まった。オンライン申請をめぐる混乱や支給に時間がかかることなどを指摘する声もあるが、府内ではどの程度進展しているのか、順調に支給が行われているところや郵送による申請書の発送が始まったばかりのところなど、いくつかの自治体の状況をまとめた。(2020/5/27)

ヤフー、「10万円給付金」の給付開始日など検索結果に表示 自治体ごとの日程に対応
ヤフーが、検索サービス「Yahoo!検索」で特別定額給付金の配布スケジュールを掲出する取り組みを始めた。「市区町村名+給付金」で検索することで、地域ごとの発送日や給付開始日などを確認できる。(2020/5/26)

ライブハウスは「3密を楽しむ場」、経営者の苦悩 
新型コロナウイルスのクラスター発生で「3密の象徴」ともされ、緊急事態宣言の解除後も自治体からの休業要請が続くライブハウス。経営者は期待と不安があって……。(2020/5/25)

特別定額給付金の処理状況をWebで確認可能に、SAPジャパンが地方公共団体向けにWebサービスを無償提供
住民が郵送申請書の給付コードやオンライン申請の受付番号を入力すると、受付日や審査の処理状況、振り込み予定日が表示される。(2020/5/21)

新型コロナ給付金の申請業務をRPAで自動化、NTT-ATが自治体や事業者向けに無償提供
NTTアドバンステクノロジは特別定額給付金や持続化給付金などの受け付けと支給業務、電子申請の効率化に向け、官公庁や地方公共団体、事業者を対象にRPAツールのライセンスを無償提供する。(2020/5/20)

テークアウトやデリバリーも検討:
鳥貴族、一部店舗で営業再開 関西・東海の直営163店舗
鳥貴族は5月19日から、臨時休業していた直営店の一部で営業を再開する。緊急事態宣言が一部地域を除いて解除されたことや、自治体からの休業要請の緩和を受けて、直営163店舗を再開。また、直営以外も一部店舗で営業を再開する。(2020/5/19)

「WebやSNSでの発信では限界がある」──ネットを使わない人への新型コロナ情報発信、自治体は苦心
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、感染防止対策や支援策などの情報を住民に届ける手段に、大阪府内の各自治体が頭を悩ませている。(2020/5/19)

IT活用で変化する自治体の今:
DX最先端都市、神戸市の挑戦 戦略と泥臭さの融合が動かす「弾み車」
連載「IT活用で変化する自治体の今」の第2回では、スタートアップとの協働で地域課題の解決に取り組む神戸市の事例を取り上げる。(2020/5/18)

6月から全店舗で再開予定:
ラウンドワン、5月15日から一部地域で営業再開 休業要請の解除で
ラウンドワンは、5月15日以降に一部地域の店舗で営業を再開すると発表。4月から全国の全103店舗を臨時休業しているが、自治体からの要請などを考慮しながら順次営業を再開する。6月1日からは全店舗で営業再開を目指す。(2020/5/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。