ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「自治体」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「自治体」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

KDDIとトヨタ、交通事故の“危険地点”を可視化する技術を提供 「車と自転車が近づいたらスマホに通知」も
KDDIがトヨタと連携し、交通事故が起きやすい危険地帯を予測するソリューション「危険地点スコアリング」を、法人や自治体向けに2024年春から提供する。KDDIの持つ人流データやトヨタの持つ車両データを活用。車と自転車が交差点に近づいたら、双方のスマートフォンに通知をして減速を促す機能も開発している。(2024/2/20)

ウクライナ侵攻で手足失った人に義手・義足を 日本企業、3Dプリンタ使用で安価
ロシアがウクライナに軍事侵攻してから約2年となるが、ウクライナでは多くの人が手足を失っており、その数は1万人以上といわれる。こうした状況を変えようと、日本のベンチャー企業や自治体が支援に乗り出している。(2024/2/19)

PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、3〜4月以降に7自治体を追加
PayPayは、地方自治体と共同で行うキャンペーン「あなたのまちを応援プロジェクト」で2024年3〜4月以降に参加する7自治体を追加発表。茨城県鉾田市(第3弾)、千葉県船橋市(第2弾)などで最大25%のPayPayポイントを付与する。(2024/2/16)

ドコモ、3月に自治体でdポイント/d払いの最大30%還元キャンペーン 東京都や埼玉県伊奈町が対象
NTTドコモは、3月1日から全国の自治体でdポイント/d払いキャンペーンを順次開催。東京都、埼玉県伊奈町、千葉県袖ケ浦市、鹿児島県薩摩川内市、千葉県君津市で支払い金額の最大30%分のdポイントを還元する。(2024/2/9)

地域発展を持続可能にする官民連携の具体像:
生成AIと共に考える 「今、最も対処すべき社会課題は何?」
人口減少や高齢化、人材育成にインフラ整備……解決すべき社会課題は山積している。「これまでと同じやり方では限界がある」と危機感を持つ自治体も多いという。こうした課題にデジタル技術や生成AIはどう役立つのか。有識者に話を聞いた。(2024/2/9)

電動化:
観光公害の解決から災害時の支援まで、日産が広げるEVのつながり
日産自動車は「ゼロ・エミッションフォーラム2024」を開催した。EVを中心とした脱炭素社会の実現に向けた取り組みについて語るフォーラムで、日産自動車と協力してカーボンニュートラル実現を目指す自治体や大学が登壇した。(2024/2/8)

JR京葉線ダイヤ改正 JR東日本の社長「私どもの思いが(沿線自治体に)至らなかった」
JR京葉線(東京―蘇我)の通勤快速などを廃止する3月16日のダイヤ改正問題を巡り、JR東日本の深沢祐二社長は6日の定例会見で、「ダイヤを変更するのは極めて異例だが、私どもの思いが(沿線自治体に)至らなかった」と述べた。(2024/2/6)

日産、EV連携で電力ピーク制御 企業・自治体向け新サービス
日産自動車は2日、電気自動車(EV)を利用する企業や自治体など向けに、保有するEVへの充電が建物の電力使用のピークを押し上げるのを防いだり、EVの電池から建物に電力を供給してピーク使用量を削減したりできる独自のエネルギー制御サービスの提供を3月1日から始めると発表した。(2024/2/5)

PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、3月以降に12自治体でキャンペーン実施 最大25%還元
PayPayは、地方自治体と共同で行うキャンペーン「あなたのまちを応援プロジェクト」で2024年3月以降に参加する12自治体を発表。岩手県花巻市、埼玉県鶴ヶ島市、千葉県袖ケ浦市などで最大25%のPayPayポイントを付与する。(2024/2/2)

ドコモ、全国の自治体でdポイント/d払いキャンペーン 2月は北海道今金町や千葉県香取市で最大30%還元
NTTドコモは、2月1日から全国の自治体でdポイント/d払いキャンペーンを開催。北海道今金町や愛知県江南市、佐賀県佐賀市などで支払い金額の最大30%分のdポイントを還元する。(2024/2/1)

地方自治体のクラウド引っ越し術
待ったなしのガバメントクラウド接続 自治体や地場SIerが検討すべきこと
各自治体では、行政システムのガバメントクラウドへの移行が2025年度末に迫っている。ガバメントクラウド接続ではネットワーク接続の課題だけではなく、セキュリティや運用管理の面も考慮する必要がある。どう対処すればいいのか。(2024/1/24)

小寺信良のIT大作戦:
震災で意識高まる「家庭内蓄電」 太陽光の“卒FIT”にポータブルバッテリーメーカーが注目する理由
ソーラーパネルを屋根に設置した家庭が増えてきた。太陽光発電の設置を義務付ける自治体も出てきているが、固定買い取り制度(FIT)により優遇されてきた売電価格は年々減少傾向にある。そこで各バッテリーメーカーが注目しているのが、売電システムを自家消費システムへ転換する「卒FIT」である。(2024/1/18)

PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、2024年2月以降に5自治体が追加参加
PayPayは、地方自治体と共同で行うキャンペーン「あなたのまちを応援プロジェクト」へ2024年2月以降に参加する5自治体を追加発表。茨城県日立市や大阪府藤井寺市(第2弾)などが加わる。(2024/1/15)

ザクティ、被災地にウェアラブルライブカメラ「Xacti LIVE」を無償提供
ザクティは、遠隔地の映像をリアルタイムで共有できる「Xacti LIVE」を、能登半島地震で被災した自治体や企業、医療機関などに無償提供すると発表した。(2024/1/10)

地震被害の大きい能登地方、本社を置く企業は4075社 最も多い自治体は?
帝国データバンクが能登地方の企業に関する調査結果を発表した。本社を置く企業が多い自治体はどこだったのか。(2024/1/5)

浜辺でずっと欲しかったクジラの骨を発見→持ち帰ろうと思ったら思わぬ落とし穴が 地元の自治体に連絡した結果は?
勝手に持って帰ってはいけない?(2024/1/9)

ふるさと納税を利用した被災自治体への支援広がる 三越伊勢丹も開始
ふるさと納税の仕組みを利用して1日に発生した令和6年能登半島地震の災害支援寄付を募る動きが広がっている。(2024/1/5)

アンカー・ジャパンが被災地域にバッテリーを提供 能登地方の地震を受け 「電源が必要ならDMで連絡を」と猿渡歩CEO
アンカー・ジャパンは、石川県能登地方を震源とする地震の被害を受けた自治体に対し、モバイルバッテリーなどを提供する。同社の猿渡歩CEOがX(旧Twitter)で案内している。連絡はXのDMで受け付ける。(2024/1/3)

「ふるさと納税」通じた能登半島地震の被災自治体への支援、ふるさと納税サイトで受付開始 返礼品なしの寄付
(2024/1/2)

アンカー、被災自治体にモバイルバッテリーなど提供申し出
アンカー・ジャパンのCEOが、元日の地震被害を受けた自治体に対して、モバイルバッテリーやポータブル電源を提供すると申し出ている。(2024/1/2)

充電レンタル「チャージスポット」北陸地方の地震受け「48時間未満無料」に 石川県、新潟県の一部自治体で
さまざまなスマートフォンを充電できます。(2024/1/1)

JR京葉線のダイヤ改正で強まる反発 識者「総武線快速への負担が高まり、混雑も予想」
JR東日本が発表した来春のダイヤ改正を巡り、京葉線(東京−蘇我)の快速の本数が縮小されることに千葉県の沿線自治体が強く反発し、波紋を呼んでいる。(2023/12/29)

PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、2024年2月以降に15自治体が参加 最大30%ポイント還元
PayPayは、地方自治体と共同で行うキャンペーン「あなたのまちを応援プロジェクト」へ2024年2月以降に参加する15自治体を発表。埼玉県久喜市や熊本県八代市などで10〜30%のPayPayポイントを還元する。(2023/12/28)

au PAY、5府県の5自治体で最大30%残高還元キャンペーン 1月1日から
KDDIは、2024年1月1日から山形県、愛知県、京都府、福岡県、鹿児島県の5自治体と連携したキャンペーンを開催。「au PAY(コード支払い)」を利用すると、最大30%のau PAY 残高を還元する。(2023/12/28)

県民が選ぶ、福岡の「幸福度が高い街」 3位「岡垣町」、2位「福岡市中央区」、1位は?
福岡県下で、幸福度が高い街や住み続けたい街との人気が高いのはどこか。自治体・駅別のランキングが明らかになった。(2023/12/28)

ヒット記事ダイジェスト:
パナ、村田製作所、東京都……生成AI活用で得た効果は?
23年にITmedia ビジネスオンラインで反響の大きかった企業や自治体の生成AI活用をめぐる動向を取材した記事を5本紹介します。(2023/12/28)

PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、2024年2月以降実施の3自治体を発表
PayPayは、地方自治体と共同で行うキャンペーン「あなたのまちを応援プロジェクト」へ2024年2月以降に実施する3自治体を発表。岐阜県山県市、愛知県蒲郡市、佐賀県佐賀市で最大20%のPayPayポイントを付与する。(2023/12/19)

エレベーター内の「鏡」は誰のため? 駅では設置の義務があるって本当?【知っておきたい雑学】
一般のマンションやオフィスビルの場合、各自治体の条例によって対応が異なります。(2023/12/14)

ガバクラ・自治体システム標準化の行方:
人が足りない? 自治体システム標準化・ガバメントクラウドに取り組む現場のホンネ 尼崎市の場合
さまざまな自治体の担当者に取材し、システム標準化に取り組む人の“生の声”を探る。第3回となる今回は、兵庫県尼崎市の岡本央さん(デジタル推進課)に話を聞いた。(2023/12/14)

万博へ 空飛ぶクルマの飛行見学会 独ボロコプター社
2025年大阪・関西万博で「空飛ぶクルマ」の運航を予定するドイツのボロコプターが、大阪湾岸のヘリポートで自治体関係者や子供たちを招いた試験飛行見学会を開いた。空飛ぶクルマが実際に飛行する様子を披露し、安全性などを含めて社会に受け入れてもらうことを狙いとして開催した。(2023/12/13)

PayPayに「近くのおトク」機能追加 キャンペーンなどの情報を地図上に集約
キャッシュレス決済サービス「PayPay」に「近くのおトク」機能を追加。位置情報をもとに、地図上で「PayPayクーポン」や自治体キャンペーンなどを実施している店舗が探しやすくなる。(2023/12/6)

製造業IoT:
介護施設やホテルでAlexaベースの独自サービスを構築可能に、アマゾンの「ASP」
アマゾンジャパンは、「Amazon Alexa」を企業や地方自治体が活用して独自サービスを展開できるようにするソリューション「Alexa Smart Properties(ASP)」を日本国内市場向けに提供する。(2023/12/5)

ビジネスや公的サービスにもAIエージェントを! Amazonが「Alexa Smart Properties」の提供を開始
アマゾンジャパンが、法人/自治体向けの新サービス「Alexa Smart Properties」の提供を開始する。Alexaを法人/自治体ごとにカスタマイズして提供できることが特徴で、Alexa対応デバイスをより普及させる狙いがある。(2023/12/4)

KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルなど181者が意見表明 NTT法廃止は「国民の声を十分に聞いたものとはいえない」と批判
KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルなどの電気通信事業者や地方自治体など181者が12月4日、NTT法見直しに関する意見表明を行った。2025年の通常国会をめどに、NTT法の廃止を求めるとの報道があった。この決定は「国民の声を十分に聞いたものとはいえない」と批判する。(2023/12/4)

PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、2024年1月以降に2自治体のキャンペーン追加
PayPayは、地方自治体と共同で行うキャンペーン「あなたのまちを応援プロジェクト」へ2024年1月以降に参加する2自治体を追加。新たに山形県酒田市(第4弾)、大阪府門真市(第3弾)で実施する。(2023/11/30)

スマホ市役所:
行政手続きの「めんどくさい」をゼロへ 生成AI用いた「スマホ市役所」の実力は
自分も給付金がもらえる対象になる自治体の事業を耳にしたとき、調べる手間や申請の手間を考えて嫌気がさした経験はないだろうか? そんな不条理をデジタルや生成AIの力で解消しようとする自治体が増えている。(2023/11/30)

ガバクラ・自治体システム標準化の行方:
運用費に不安? 自治体システム標準化・ガバメントクラウドに取り組む現場のホンネ 茨城県水戸市の場合
さまざまな自治体の担当者に取材し、システム標準化に取り組む人の“生の声”を探る。今回は、茨城県水戸市に話を聞いた。(2023/11/29)

住民も期待:
誰でも「ベテラン職員並み」に? NECと相模原市「国産生成AI」の共同検証へ
NECと神奈川県相模原市は10月、自治体業務における生成AI活用に向けた協定を締結した。NECが提案する、生成AIの活用アイデアとは。(2023/11/29)

ふるさと納税の人気自治体が「寄付額1000万円相当」返礼品届けられず 発注漏れ発覚→“商品代値上げ”で出荷不可に
発注漏れが発覚したのは1カ月後でした。(2023/11/29)

衛星インターネットで、NTTがAmazonと協業 Starlink競合「Project Kuiper」を日本で提供へ
日本電信電話(NTT)、NTTドコモ、NTTコミュニケーションズ、スカパーJSATの4社は、米Amazonが提供する低軌道衛星インターネット「Project Kuiper」との戦略的協業に合意した。日本企業や政府機関、自治体などにProject Kuiperを提供する。(2023/11/28)

熊本市「福祉系システムの移行間に合わない」 自治体システム標準化巡り
熊本市の大西一史市長が、政府が主導する“自治体システム標準化”施策について、福祉系のシステムが期限までに間に合わない見通しを明らかにした。(2023/11/24)

この頃、セキュリティ界隈で:
「AirTag」に車の盗難防止効果を期待、米警察が現地住民に無料配布 カナダではBMWを取り戻した例も
米首都ワシントンやニューヨーク市の警察が、車の盗難防止対策としてAppleの紛失防止タグ「AirTag」を住民に無料で配布している。米国では車の盗難が急増し、警察や自治体が対応を模索していた。(2023/11/24)

ふるさと納税、7割の自治体が「制度改正の対策した」 6割以上が選んだ「対策」は?
10月にふるさと納税に関する制度改正が施行された。調査によると、自治体の7割以上が「制度改正を受けて、対策した」と回答。実際に、どのような対応をしたのか?(2023/11/23)

ガバクラ・自治体システム標準化の行方:
スケジュールに無理? 自治体システム標準化・ガバメントクラウドに取り組む現場のホンネ 福島市の場合
スケジュール通りの進行が不安視される自治体システム標準化・ガバメントクラウド移行。現場の受け止め方を、さまざまな自治体の担当者への取材から探る。今回は、福島県福島市に話を聞いた。(2023/11/20)

PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、2024年1月以降に8自治体で実施 最大30%ポイント還元
PayPayは、地方自治体と共同で行うキャンペーン「あなたのまちを応援プロジェクト」へ2024年1月以降に参加する8自治体を発表。山形県西川町、愛知県大口町などが参加し、最大30%のPayPayポイントを付与する。(2023/11/16)

ChatGPTに「霊長類最強の女性に勝つ方法」を聞いてみたーー自治体がnoteでゆる〜く情報発信する狙い
(2023/11/16)

自治体システム標準化の費用はどこが持つのか? 河野大臣「国が全額持つ」→「総務大臣が責任持つ」
政府が進める「自治体システム標準化」施策の費用を巡り、大臣の発言が注目を浴びている。(2023/11/10)

ATC Japan 2023:
「PLATEAU」は他の3D都市モデルに比べどこが革新的か?2023年度内に200都市が3D化
国交省主導で、全国の自治体が進めている都市を3Dモデル化する「Project PLATEAU」――。全国の130都市が用途地域や標高、建物の構造や規模などの属性情報を持って3D化されている。都市計画を筆頭に、災害の避難計画や被災範囲、生活者のデータドリブン、ゲーム背景など、多様な活用が既に始まっている。(2023/11/10)

PFU、自治体の給与支払報告書に特化したAI OCRソフト「DynaEye 給与支払報告書OCR V1.0」
PFUは、同社製AI OCRソフト「DynaEye」シリーズの新製品として、自治体の給与支払報告書向けのとなる「DynaEye 給与支払報告書OCR V1.0」を発表した。(2023/11/9)

幸福度が高い兵庫の街 3位「宝塚市」、2位「芦屋市」、1位は?
兵庫県内で人気の自治体や駅はどこか。「幸福度」「住み続けたい」の2つの切り口から調査した結果が発表となった。(2023/11/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。