ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「公共」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「公共」に関する情報が集まったページです。

第8回 JAPAN BUILD TOKYO:
設置するだけで1年間はマンホール水位を監視、日立システムズの「CYDEEN」
日立システムズが提供するCYDEENは、もともと公共工事の事務処理を効率化する目的で開発したソリューション。その後は、ライフサイクルを総合的に支援するソリューションとして成長し、現在は公共/民間の区別なく、現場での作業効率や品質を向上させる基盤として多方面で利用されている。(2024/2/22)

製品動向:
LTE搭載屋外向けクラウド録画カメラにエッジAI搭載モデル 人物を検出/カウント
セーフィーは電源のみで設置可能なLTE搭載の屋外向けクラウド録画カメラに、人物検出/人数カウント機能を備えた新モデルを追加する。建設現場全体の進捗管理や稼働人数の最適化、公共空間の交通量調査などに活用できる。(2024/2/22)

医療機器ニュース:
ミリ波センサーでバリアフリートイレを見守る技術の実証実験を開始
TOTOと富士通は、ミリ波センサーを用いて、カメラを使わずに公共のバリアフリートイレ内を見守る技術の実証実験を開始した。検証後、同技術の改善を進め、プライバシーに配慮した見守り技術をサービス化する。(2024/2/6)

Wi-Fi品質改善に役立つレポート【前編】
「Wi-Fiの“品質”」って何のこと? 無線LANのKPIで解説
WBAは、無線LANのQoS(サービス品質)を向上させる方法をまとめた技術レポートを公開した。映像やゲーム配信用のネットワーク、オフィスや公共施設のネットワークなどの品質を保つ指標とは。(2024/1/31)

スマートシティー:
スマートシティー具現化に向けた包括連携協定を締結、日立製作所と日立市
日立製作所と日立市は、デジタル技術を活用したスマートシティー(次世代未来都市)実現に向けた包括連携協定を締結した。グリーン産業都市、デジタル医療や介護、公共交通などSociety 5.0の具現化を目標とする共創プロジェクトを進める。(2024/1/23)

バス会社99%が運転手不足、対策は?
運転手の残業規制が強化される「2024年問題」を4月に控える中、全国のバス会社の99%で運転手が不足していることが、「地域公共交通総合研究所」のアンケートで分かった。(2024/1/19)

首相、能登半島地震のフェイクニュース拡散に「許されない」 公共機関の情報確認を呼びかけ
岸田文雄首相は1月4日の記者会見で、能登半島地震の要救助者について、4日午後2時半時点の情報として138件のうち80件で対応を終え、残り58件もめどが立っていると述べた。(2024/1/5)

能登半島地震でX(Twitter)の“インプレゾンビ”あらためて話題に SOS情報をコピペ、公共情報のリプライ欄を埋め尽くすなど救助を妨害
「海外企業の無料SNSをインフラにしてしまったことが問題」との意見も。(2024/1/2)

産業動向:
市区町村の公共工事、週休2日制はいまだ2割 国交省が23年度の入札適正化状況を公表
国土交通省と総務省は、公共工事における入札契約適正化の取り組み状況を公表した。週休2日制工事を導入する団体は増加傾向にあるが、市区町村では、工期設定の際に休日を考慮している団体は約6割、週休2日または週休2日交替制のいずれかを実施する団体は2割程度にとどまるなど、取り組みに遅れが見られた。(2023/12/28)

3Dプリンティング:
建設用3Dプリンタの施工で累計100件超 Polyuseの技術が「NETIS」登録
Polyuseの3Dプリンティング技術が、国土交通省の新技術情報提供システム「NETIS」い登録された。既に公共工事をはじめ、施工中案件も含めると累計100件の工事で適用されている。(2023/12/4)

Gartner Insights Pickup(326):
公共機関における生成AI利用の意義と課題
公共機関はAI(人工知能)技術への理解を徐々に深めており、サービス提供の改善に向けて投資を増やしている。だが、「ChatGPT」のようなモデルによる生成AIの台頭に伴う課題が生じており、新たなマインドセットが必要とされている。(2023/11/17)

約7割が「電車で優先席に座ることがある」、その理由は?
電車やバスなどの公共交通機関に設けられていることがある優先席。「電車に乗った際に優先席に座ることがある」という人は……。(2023/11/4)

マイナンバーカードのシステムでも不具合 一部市区町村で転入手続きなどの処理遅延
地方公共団体情報システム機構(J-LIS)は10月10日、マイナンバーカードの電子証明書関係の手続きで処理遅延が起きていると発表した。(2023/10/10)

宇都宮「LRT」開業1カ月 “好発進”か
地域課題に対応する公共交通として次世代型路面電車(LRT)が注目されている。8月の開業から1カ月が経過した栃木県のLRTは、開業効果もあって順調な滑り出しをみせる。一方で……。(2023/10/4)

第5回 建設・測量生産性向上展:
仮設無しの革新的な“杭打ち”工事を実現する技研製作所の「インプラント工法」
技研製作所のインプラント工法は、先に圧入した杭を利用して新しい杭を圧入する工法。堤防、護岸壁などの工事に用い、建機の稼働用に仮設スペースを用意する必要もない利点があり、オランダをはじめ、海外の公共事業でも採用されている。(2023/9/19)

「GitHub Copilot」も対象:
Microsoft、生成AI「Copilot」サービス利用による著作権侵害の賠償金を肩代わりすると発表
Microsoftは、「Copilot」と呼ばれる生成AIサービスの利用で著作権侵害の損害賠償が発生した場合、同社が肩代わりすると発表した。これにより、企業や公共組織が生成AI利用で抱く懸念を減らそうとしている。(2023/9/11)

現場管理:
工事写真の新規格に対応した「一発!工事写真台帳」の新バージョン
シーサイドソフトは、公共工事の電子納品の工事写真レイヤー化や小黒板情報電子化に対応した「一発!工事写真台帳 Plus Ver.8.1」とiOS、iPadOS、Android、FireOSなどで使えるカメラアプリ「スマホでアルバム Plus Ver.3」を同時にリリースした。(2023/9/11)

第5回 建設・測量生産性向上展:
「2024年問題を前に、CCUS活用など建設業の労働環境はどう変革すべきか」芝浦工大 蟹澤教授が提言
2023年から2025年にかけて、建設業界には大きな環境の変化が訪れる。既に建設キャリアアップシステムがスタートし、2022年10月には加入者が100万人を突破。2023年4月には、公共工事でCCUSの準拠が原則必須になった。この他にも、2023年10月にインボイス制度の施行、2024年4月には残業時間の上限規制適用、さらに2025年4月には改正建築基準法も予定されている。(2023/9/7)

小川製作所のスキマ時間にながめる経済データ(14):
モノづくりから公共産業へ? 労働者数の変化で見る先進国の産業構造転換
ビジネスを進める上で、日本経済の立ち位置を知ることはとても大切です。本連載では「スキマ時間に読める経済データ」をテーマに、役立つ情報を皆さんと共有していきます。第14回では、国別の自動車生産/販売台数のデータを見ていきます。(2023/9/7)

自動車業界の1週間を振り返る:
クルマに依存しすぎない街づくり、公共交通の充実と通行料
1週間お疲れさまでした。9月が始まりましたね。このままあっという間に年末に突入してしまう気がします……。今週は国内では75年ぶりとなる新設の路面電車「芳賀・宇都宮LRT」が栃木県宇都宮市と芳賀町で開業しました。通勤で早速使ってみたという方もいらっしゃるでしょうか?(2023/9/2)

Yahoo!乗換案内、地図上で走行中の列車が動く「トレインキャスト」を導入
ヤフーが、乗換検索アプリ「Yahoo!乗換案内」の「路線図」を「公共交通マップ」にリニューアル。地図デザインの視認性を向上させ、約700路線の列車の動きをアイコンで確認できる「トレインキャスト」も提供開始する。(2023/8/31)

沖縄スタートアップ、ちばりよー!:
沖縄観光に「ヘリコプターバス」 交通インフラ問題を打開する”新しい足”なるか
日本の観光地として人気の高い沖縄が抱えているのが「交通インフラ問題」だ。日常的な交通渋滞に、公共交通手段が限られていることも大きい。その課題を解消し、沖縄観光の「新しい足」を目指す企業がある。彼らが運営する「ヘリコプターバス」の可能性を取材した。(2023/8/17)

5Gの経済効果を分析する【後編】
Vodafoneが「経営統合」と「5G SA」で描く未来
Vodafone UKの調査では、英国人が5Gによって医療や公共、鉄道などの領域で変革を期待していることが分かった。同社は5Gを活用した未来の社会像も発表しており、5Gによりイノベーションを起こせるとアピールする。(2023/8/17)

BAS:
EV車からの給電で停電時でもエレベーターを稼働 日立ビルシステムの「V2X システム」
日立ビルシステムは、電気自動車からの給電で、停電時のエレベーターを稼働させる「V2X システム」をマンションや公共施設などを導入先に販売を開始した。(2023/8/14)

Cybersecurity Dive:
Forcepointの公共部門向けセキュリティ事業が24億5000万ドルで買収される
政府および(電力やガス、鉄道、空港などの)重要インフラを対象にしたForcepointのセキュリティ事業の買収は、2023年のサイバーセキュリティ市場における最大規模の取引だ。(2023/8/12)

対象区間などはこれから検討:
東京メトロが「タッチ決済」「QRコード」乗車サービスの実証実験を実施 2024年度中から
三井住友カードらは、2024年度中に東京メトロ線内でクレジットカードのタッチ決済/QRコードを活用した乗車サービスの実証実験を開始。三井住友カードの公共交通向けソリューション「stera transit」を利用する。(2023/8/7)

プロジェクト:
日建設計コンストラクション・マネジメントがICPMA Awards 2023でダブル受賞
日建設計コンストラクション・マネジメントがICPMA Awards 2023において、「中土佐町公共施設群高台移転プロジェクト」で最優秀建設プロジェクトマネジメント賞を、「四国水族館・神戸ポートミュージアムプロジェクト」でサステナビリティ賞を受賞した。(2023/8/4)

サム・アルトマン氏の「Worldcoin」、ケニア当局が虹彩データ収集に停止命令
ケニア共和国は、サム・アルトマン氏による暗号通貨プロジェクト「Worldcoin」提供のための国内での虹彩データ収集に一時停止を命じた。公共の安全に対する潜在的なリスクを評価する必要があるとしている。(2023/8/3)

総務省、「広報ポリシー」を策定 「公共性、戦略性、先進性を意識する」
総務省が「総務省広報ポリシー」を策定した。総務省職員は公共性、戦略性、先進性を意識して積極的な広報活動を行うとしている。(2023/7/25)

寒い:
「空調が効きすぎている場所」ランキング、1位は?
店内や電車内など公共の場で空調が効きすぎていると感じた経験がある人は、どのくらいいるのか。(2023/7/15)

これ全部無料! 企業や大学のIT教材・研修資料まとめ 【2023年上半期版】
企業や大学、公共機関が無料で公開しているIT教材や、研修資料などをピックアップ。ITmedia NEWSで直近6カ月間に取り上げた記事から、8つ紹介する。(2023/6/30)

「GAFAが国のデータを独り占めしているという批判もあるが……」 日本の公共クラウド活用、AWSの目にはどう映る?
公共分野におけるクラウドのニーズは年々高まっている。AWSの存在感も増しているが、SNSなどでは「日本の貴重な情報が海外に流れる」と批判する声も多い。こういった意見の受け止めも含め、AWSが日本市場をどう見ているか、キーパーソンに聞く。(2023/6/28)

生成AIの活用・検討率、1位はIT業界 ワーストは?
野村総合研究所は、ビジネスパーソン2421人を対象に、生成AIの「ビジネス利用の現状と今後」について調査を実施した。職場における業務の中の生成AIの導入状況を見ると、「実際利用している」、「検討中」の割合が最も高い業種は「IT・通信」(34.2%)であり、最も低いのは「公共」(9.1%)であることが分かった。(2023/6/16)

AWS米国リージョンで約4時間の障害 米公共機関やルンバ、マックにも影響か すでに復旧
米Amazon Web Servicesのクラウドサービスで、6月14日午後3時49分から午前7時47分(日本時間、以下同)にかけて障害が発生した。米公共機関のWebサイトなどに影響が出たが、すでに復旧した。(2023/6/14)

電子政府のクラウド活用【第4回】
シンガポール政府が「ソブリンクラウド」には満足できない納得の訳
シンガポールの公共サービスの電子化を支えるのがクラウドサービスだ。クラウドサービス活用における懸念事項になりがちなセキュリティ対策とデータ保護に対して、シンガポール政府はどのように取り組んでいるのか。(2023/6/14)

AWS Startup Ramp Meetup vol.2レポート(後編):
スタートアップの公共調達参入を阻む「仕様書が不明瞭」「人事異動」「評価基準が不公平」「入金14カ月後」の壁、打開策は?
スタートアップ企業が公共調達に食い込むにはさまざまな課題がある。関係者が集ったパネルディスカッションでは、パネリストがこうした課題を経験に基づいて赤裸々に語り、改善策を探った。(2023/6/6)

Visaのタッチ決済、対象の公共交通機関利用で50%(上限500円)をキャッシュバック
ビザ・ワールドワイド・ジャパンは、6月1日〜20日に「電車やバスでもVisaでタッチ!」キャンペーンを開催。対象の公共交通機関を利用すると、乗車料金の50%(上限500円)をキャッシュバックする。(2023/5/31)

電子政府のクラウド活用【第2回】
シンガポール政府はなぜクラウドサービスを“リスク承知”で使うのか?
公共サービスのデジタル化を進めるシンガポール政府は、複数のクラウドベンダーとタッグを組み、マルチクラウドを採用している。同国が目指すクラウドサービス利用の在り方を探る。(2023/5/31)

電子政府のクラウド活用【第1回】
「システムの再利用が鍵だ」と語るシンガポール政府 その真意は?
公共サービスのデジタル化を進めるシンガポール政府。15万人を超える職員と、同国の在住者が求める公共サービスを提供するための開発方針とは。(2023/5/24)

AWS Startup Ramp Meetup vol.2レポート(前編):
公共分野は面白い! スタートアップと自治体は共に未来を開拓できる
スタートアップ企業が自治体とビジネスをするのは無理なのか。決してそうではない。 関係者が集ったパネルディスカッションでは、どちらの側にも協力により自治体の未来を開拓する心意気が見て取れた。この議論をレポートする。(2023/5/23)

NTT西と日本マイクロソフトが協業 地方自治体のクラウド移行支援を強化
NTT西日本が、地方自治体や公共機関によるクラウド移行支援の強化に向け、日本マイクロソフトと協業する。日本マイクロソフトからクラウド人材の育成支援などを受け、地方自治体向けのサービス提供を強化するという。(2023/5/22)

アイ・オー、公共の場などでの利用に向くタッチ対応15型液晶ディスプレイ
アイ・オー・データ機器は、タッチ操作に対応した15型スクエア液晶ディスプレイ「LCD-SAX151DB-T」を発表した。(2023/5/17)

リアルタイムOS「BlackBerry QNX」:
PR:機能安全とセキュリティが求められるミッションクリティカルな組み込み開発
医療機器や産業機器、ロボット、公共交通システムといったミッションクリティカルシステムの組み込み開発は、リアルタイム性が求められる一方でソフトウェアの規模も拡大している。さらに機能安全規格やセキュリティへの対応も必要だ。(2023/5/10)

リスクは「脅威」「脆弱性」「資産」のかけ算:
PR:担当者を疲弊させない「クラウド時代のセキュリティ運用」、その実現方法とは
クラウド利用が当たり前となり、それに対応するためのセキュリティ製品やサービスも無数にある。だが、ハイブリッドクラウドやマルチクラウド、コンテナ、サーバレスなどさまざまな環境が混在している現在、セキュリティの難易度は上がり、セキュリティ担当者は疲弊するばかり。効率的なセキュリティ運用を実現するためには何をすればいいのか。「AWS Security and Risk Management Forum 〜公共・金融DXの大前提、AWSセキュリティの理解と実践〜」の講演からその答えを探る。(2023/5/10)

公共交通機関の値上げ、いくらまでなら許せる? 過半数が「利用を見直す」ラインとは
「CCCマーケティング総合研究所」を運営するCCCマーケティング(東京都渋谷区)は、「公共交通機関」に関する調査を実施した。公共交通機関の運賃の値上げについて、6割超が「20%」の値上げで利用を見直すことが分かった。(2023/4/30)

キンドリルのエキスパートが提言:
PR:時間が迫る公共組織のガバメントクラウド移行、セキュリティ統制はどうすればよいのか
地方自治体などは、2025年度末までに20業務をガバメントクラウドに移行するよう定められている。アプリケーション移行やモダナイズの計画、設計、実行など、クリアしていかなければならない課題は多い。さらに担当者の頭を痛めるのが「セキュリティ統制」の問題だ。これについて、AWSセキュリティのイベントでキンドリルジャパンのエキスパートが提言を行った。(2023/4/24)

社用デバイスで「Tiktok」利用の是非【前編】
「TikTok」は規制すべきか、活用すべきか? 公共放送局BBCの決断は
さまざまな組織が「TikTok」をビジネスに活用する一方で、利用について見直したり、規制したりする動きが出てきている。公共放送局BBCはどのような判断を下したのか。(2023/4/19)

楽天ペイの請求書払い始まる ポイントで税金も支払い可能 ただし上限金額は30万円
楽天ペイメントは4月17日、楽天ペイによる請求書払いサービスを開始した。電気、ガス、水道などの公共料金のほか、地方税統一QRコード「eL-QR」に対応し、固定資産税などの地方税が支払える。(2023/4/17)

BIM先進国の英国に学ぶ:
BIM先進国の英国に学ぶ「ISO 19650」の真意と「建築安全法」の背景【BIM特別鼎談 Vol.1】
英国は、日本での2023年度からの公共事業のBIM原則適用よりも先行して、2016年に全ての公共工事の調達でBIM Level 2(Full Collaboration:意匠/構造/設備でBIM共有)を義務化した。2018年には英国規格協会のBSIが「ISO 19650」を策定して以降、ここ数年は国内でも大和ハウス工業を皮切りに、ISOの認証取得に挑む企業が増えつつある。BIM本格化を前にして岐路に立つ日本の建設業界にとって、BIM先進国の英国に学ぶことは多いはずだ。(2023/4/17)

「ありがトイレ」ステッカーを貼付:
ローソン、横浜市と「公共トイレ協力店」の実証実験 安心して外出できる環境作りに貢献
ローソン、横浜市と「公共トイレ協力店」の実証実験を開始。地域住民がトイレの心配をすることなく、安心して外出できる環境作りを目指す。(2023/4/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。