レビュー
» 2014年01月20日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:なぜNovellはソフトウェアの品質問題の根本原因を迅速に特定できるのか

パッケージ開発においては、品質を維持・向上させながら同時にコスト削減も求められるのが常である。本書では、「開発→テスト→改修」のプロセスを劇的に改善した米Novellの取り組みを解説する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 ユタ州プロボを本拠地とする米Novellは、全世界で5万社にエンタープライズソリューションを提供する大手ソフトウェアベンダーだ。同社でパッケージ開発の管轄を行っているエンジニアリングチームは、製品品質を維持したまま生産性を向上するという課題に直面していた。そして、この課題に取り組む上では、以下のような問題が存在していた。

  • 開発やテストに関わるスタッフのロケーションが分散している
  • パフォーマンステストで発生したバグの原因特定のために、開発者がテスト環境まで出向く必要がある
  • 改修後、原因特定や問題解決までに、再テストを繰り返さざるを得ない

 本書は、Novellがこのような問題に対処するために採用した全く新しいAPM(アプリケーションパフォーマンス管理)の導入事例である。「開発→テスト→改修」のサイクルを劇的に短縮したNovellの取り組みを、詳しく解説していこう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -