レビュー
» 2014年02月19日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:老舗サクラクレパスの選択。新旧OSバージョン混在や仮想環境のセキュリティ解決策

稼働するサーバおよびPCのOSのバージョン混在環境、そしてUSBメモリの使用許可など、セキュリティ担当者には困難な状況でも高いセキュリティを維持するエンドポイント製品の導入事例である。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 大正10年に創業した文房具製造業のサクラクレパスは、ITを活用し業務効率化を推進してきた老舗企業である。SFA導入をはじめPCの活用を積極推進しているが、同時にウイルス対策にも課題を感じていた。

 サクラクレパスのIT運用の特徴は、

  • Windows Server 2008 R2によるHyper-V仮想サーバの運用
  • 使用サーバやPCのOSが新旧バージョンが混在する環境
  • 業務優先の観点からUSBメモリを使用許可している

など、多くの企業でもよくある複雑なIT環境だ。そんな老舗サクラクレパスが選択したセキュリティ製品は何だったのか。導入により、仮想環境におけるフルスキャン時間の大幅な短縮など、大きな効果が得られたという。

 このコンテンツは、多くの企業の悩みとなる複雑なIT環境に加え、仮想化環境での高いセキュリティを望むIT担当者にとって非常に有用な導入事例である。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -