レビュー
» 2014年03月20日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:富士通がドイツのデータセンターで採用しているネットワーク仮想化技術とは?

ドイツに拠点を置く富士通テクノロジー・ソリューションズは、データセンターの80%を仮想化すべく奮闘中だ。ヨーロッパにおけるITインフラのリーディングプロバイダーとしての品質の高いサービスを提供するために、同社が採用したネットワーク仮想化技術を詳しく紹介する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 ヨーロッパにおけるITインフラのリーディングプロバイダーとして、富士通テクノロジー・ソリューションズは、PC、ノートブック、データセンターソリューションからクラウドのマネージドサービスやアプリケーションまで幅広く取り扱う。

 同社がドイツのデータセンター群をアウクスブルクの製造拠点に集約した目的は、長期的に見たコスト削減と、将来の要求やサービスに備えるためだ。しかし、この目標を達成するためには信頼性と柔軟性をはるかに向上させた新しいネットワークインフラの構築は不可欠だった。

 この資料では、同社が帯域幅が必要なアプリケーションの導入や、より信頼性の高いネットワークインフラを提供するに当たって採用したネットワーク仮想化技術の導入効果を紹介する。データセンターの80%を仮想化すべく奮闘中だという同社はどのようなソリューションを採用し、現状どのような効果を得ているのか。詳しく見ていこう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -