レビュー
» 2014年04月04日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Windows XPから7への移行における2つの課題とその解決法

Windows XPのサポート終了まで秒読み開始段階。遅々として進まない企業のOS移行作業のコストと手間、リスクを削減しスムーズな移行を進める秘策はあるのか?

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 2014年4月に迫ったWindows XPのサポート終了が迫っているにも関わらず、いまだに多くの企業で新OSへの移行に関する大きな課題を抱えている。

 1つは既存PCからアップデートを行う際に「Windows XPから7へ直接アップグレードができない」ことだ。Windows XPがインストールされたPCにWindows 7をインストールする場合、上書きができず新規インストールを行うため、ユーザーのデータや設定は引き継がれない。以前と同じ作業環境を整えるには、面倒で時間のかかる作業が必要だ。

 もう1つの課題は、新規PC導入時に発生する「ユーザーデータの移行」だ。新規PCの初期設定やデータ移行には時間がかかる上、作業結果の確認や人的ミスの対応などIT管理者の負担が増加する。拠点が複数あればなおさらだ。

 この2つの課題を解消する方法として、移行の自動化ツールやクラウドを利用したサービスの導入がある。本資料では、それぞれの課題の抱える問題点と課題解決の具体的な対策を詳しく紹介。PC1台当たり数時間かかるといわれるOS移行作業の人的ミスを防ぎ、時間とコストを圧縮する方法を解説していく。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -