レビュー
» 2014年04月28日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:HP ProLiant サーバー Gen8 +Windows Server 2012 ファイルサーバーベンチマーク検証 結果報告書

多くの企業が悩むファイルサーバの最適化。その効果的な方法である「最新のサーバプラットフォームへの移行」の具体的な差異を明らかにするために、日本仮想化技術株式会社が旧世代と同一環境で性能を比較した。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 業務やユーザーを問わず、企業内に広く浸透している「ファイルサーバ」。近年、データ種類の多様化やデータ量の増加などを受けてファイルサーバの最適化が求められている。その最も効果的な方法が「最新のサーバプラットフォームへの移行」だ。

 現在、企業内には導入後4年以上を経過したサーバが3割以上存在するといわれている。これらのいわば老朽化したサーバを最新技術を搭載したサーバに移行することで、ファイルサーバ環境の処理性能の向上と電力消費の効率化を図ることが可能だ。

 具体的にはどのくらいの違いが出てくるのだろうか。本稿では、日本仮想化技術株式会社が行った新旧プラットフォームのファイルサーバ環境のベンチマーク検証結果を紹介。多くの企業で導入され2015年4月に延長サポート終了を迎えるOS「Windows Server 2003」ベースのファイルサーバと、最新のインテル Xeon プロセッサーを搭載する「HP ProLiant Generation 8サーバー」と「Windows Server 2012」を組み合わせた最新のサーバプラットフォームとの比較検証結果を掲載している。Windows Server 2003からの移行を検討している企業の担当者にお勧めしたい資料だ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -