レビュー
» 2014年05月19日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ソーシャルメディア時代の正しい「顧客セグメント」の考え方

デジタルマーケティングの専門家が、適切な顧客セグメンテーションの考え方と実践方法を伝授。セグメンテーションの種類をはじめ、実務面で無理なく扱えるセグメント数の指標など、マーケティング担当者の実務にすぐ役立つ内容となっている。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 「顧客がどのような製品に関心を持っているのか」。マスマーケティングがうまく機能していた時代には、この回答を示すのは消費者の側だった。しかし、ソーシャルメディアの普及に伴って、マーケティング対象者や顧客にふさわしい適切なオファーを特定するのは今や主に企業側の責任となっている。

 マスマーケティングからワンツーワンマーケティングへと進化した今、現在の企業は顧客のセグメント化を進めて個人のレベルにまで細分化する「セグメントオブワン」という考え方に対応したマーケティングを避けて通れないだろう。

 しかし、適切なセグメンテーションにはそれ相応の手間がかかる。そこでこのホワイトペーパーでは、デジタルマーケティングの専門家がセグメンテーションの利点や種類を説明するとともに、その実践方法を分かりやすく解説する。マーケティングキャンペーンの投資対効果(ROI)を最大化する正しい顧客セグメントの考え方とは?

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -