レビュー
» 2014年06月18日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:クラウドや仮想化の投資対効果を最大化する「ストレージ」の解決策

仮想化やクラウド化による投資対効果を調査してみると、ストレージを適切に検討、選択していないことが原因でコストが高額となり、結果として仮想化やクラウドから得た投資対効果を相殺してしまっている場合がある。それを食い止める方法とは?

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 仮想化やクラウドへの企業の投資が活発になっている。しかしその投資対効果(ROI)を考えると、そうしたプロジェクトに必要なストレージインフラのコストが高額となり、結果として仮想化やクラウドから得た効果を相殺してしまっている場合がある。

 実際、ストレージ環境は、クラウドインフラの投資対効果を大きく左右する。なぜなら、仮想化やクラウド環境では、非常に高いI/Oパフォーマンス発揮しながら、高効率の使用率を達成するという重責がストレージに課されているからだ。しかし、多くのストレージシステムは、パフォーマンスか効率性か、いずれか一方の解決を目指し、両方が考慮されていることはあまりない。ではどうすればパフォーマンスと効率性の両方を実現し、仮想化やクラウドのROI最大化に貢献できるだろうか。

 このホワイトペーパーでは、仮想サーバ環境やクラウドインフラにおいて、パフォーマンスを発揮しながら、使用効率を最大化しコスト効率を高めるためにどのようなアプローチが必要か、また、それを実現する最新ストレージ技術とその活用法を紹介していく。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -