レビュー
» 2014年06月27日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:スパム対策運用コストを3分の1に削減する方法

メールセキュリティのリプレースを考えるなら、IT部門としてはこれを機に総コストの削減を狙いたい。スパム対策運用コストを従来の約3分の1に削減するメールセキュリティの要件を5つのポイントで解説する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 スパム対策をはじめとするメールセキュリティ製品はほぼ全ての企業で導入されているが、そのコストや運用負荷に悩まされている企業は少なくない。また、導入から数年がたち、サーバの老朽化やサポート切れなどを機に、メールセキュリティのリプレースを考えている企業も多いだろう。IT部門としては強固なセキュリティを担保していることはもちろんのこと、できればリプレースの際には劇的なコスト削減効果も狙いたい。

 この資料では、メールシステムやメールセキュリティのリプレースを大幅な総コスト削減に結び付けるために必要な要件を、5つのポイントで解説する。リプレースを機にメールセキュリティの総コスト削減を図るのであればぜひ読んでほしい資料だ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -