ニュース
» 2014年07月22日 12時03分 UPDATE

ベネッセの漏えい情報は約2260万件に拡大、新たに出産予定日やメールアドレスも

逮捕された元契約社員が持ち出した情報の中に、新たにベネッセの生活事業サービスに関するものが含まれていたという。

[ITmedia]

 ベネッセホールディングスは7月21日、ベネッセコーポレーションから漏えいした個人情報が約2260万件に上ることが判明したと発表した。新たに生活事業のサービスの一部サービスの利用者に関する出産予定日やメールアドレスが流出していたことも分かった。

 同社は、警察の要請で容疑者が私物のスマートフォンにコピーして持ち出した情報を鑑定し、その全てが同社の顧客データと一致したことを確認した。この結果から、新たに「ベネッセライフスマイルショップ(通信販売)」および「ベネッセウィメンズパーク」の一部の利用者や登録者に関する情報の漏えいも認められたとしている。

 新たな情報流出の対象顧客には、同社が直接連絡するという。

関連キーワード

ベネッセ | 情報漏洩


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -