レビュー
» 2014年08月06日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:標的型攻撃対策、カギは「可視化」にあり

巧妙化する標的型サイバー攻撃には、社内ネットワークのインシデントの可視化が効果的な対策となる。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 巧妙化する標的型サイバー攻撃の中でも、特定の組織に対して時間や手段、手法を問わず、目的達成のために標的に特化して行われる「持続的標的型サイバー攻撃」が非常に深刻な問題となっている。攻撃の手口も目まぐるしく変わり、複雑化する一方だ。

 この資料では、この標的型サイバー攻撃対策として、通信内容やファイルの詳細な解析などから不審な兆候を可視化し、速やかに対応する「脅威の可視化」アプローチにフォーカスする。侵入を防御する入口対策、外部漏えいを防御する出口対策に加え、ネットワーク監視で、攻撃・感染被害を早期に発見し、被害を最小限に抑えるソリューションを提案する。企業のグローバル化が進み、海外拠点からの脅威の侵入リスクも高まる中、日本と海外の拠点間通信の監視にも活用できるという。標的型攻撃の最新動向や事例もあわせて紹介しており、グローバル環境下での対策の参考にしてほしい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -