ニュース
» 2014年08月18日 11時24分 UPDATE

マイクロソフトの月例パッチ適用で不具合発生の報告、復旧方法を公開【追記あり】

8月13日に公開された月例パッチを適用した一部ユーザーのマシンで異常終了などの不具合が発生している。

[ITmedia]

 Microsoftが8月13日に公開した月例セキュリティ更新プログラムを適用した一部ユーザーのコンピュータで、Windowsが異常終了するなどの不具合が発生している。同社が復旧策を公開した。

 同社によると、この問題では更新プログラムの「2982791(MS14-045、カーネルモードドライバのセキュリティ更新プログラム)」「2970228(Windowsで新しいロシアルーブルの通貨記号をサポートするためのアップデート)」「2975719(2014年8月度のWindows RT 8.1/8.1/Server 2012 R2向けロールアップ)」「2975331(2014年8月度のWindows RT/8/Server 2012向けロールアップ)」をインストールした後に「Stop 0x50 エラー」が発生し、異常終了や再起動の失敗が起こる場合がある。

 15日付でTechNet Blogsに公開された復旧方法はWindows 7/8/8.1向けのもので、以下の手順を実施するよう呼び掛けている。

  1. セーフモードで起動する
  2. 管理者権限でコマンドプロンプトを開き、「del %windir%\system32\fntcache.dat」コマンドを実行する(fntcache.datファイルを削除する)
  3. fntcache.datファイル削除後に再起動し、レジストリエディタを起動する
  4. レジストリエディタで「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Fonts」を開き、「Fonts」を右クリックして「エクスポート」を開く
  5. ファイル名に任意の名前を設定して保存する
  6. 「Fonts」のサブキーから「C:\xxx\xxx\xxx.otfのようにフルパスで指定されている」「拡張子がotf」の条件に合致するレジストリを削除する
  7. 管理者権限でコマンドプロンプトを開き、再び「del %windir%\system32\fntcache.dat」コマンドを実行する(fntcache.datファイルを再度削除する)
  8. 「コントロールパネル」の「プログラムと機能」にある「インストールされた更新プログラム」から、KB2982791、KB2970228、KB2975719、KB2975331を削除する
  9. コンピュータを再起動する
  10. 上記「5」で保存したファイルを右クリックして「結合(G)」をクリックし、上記「6」で削除したレジストリを復元する
ms001.jpg 「fntcache.dat」を削除する

8/18追記

 なお同社は、問題が発生していないコンピュータでも予防的処置として上述の更新プログラムのアンインストールを推奨している。また、これらの更新プログラムの配信を停止しているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ