レビュー
» 2014年08月29日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:検証:10GBASE-T導入による低コストなクラウド環境構築

標準的なデータセンターで使用可能な10GBASE-Tは、今日のネットワークにおけるさまざまな用途に適合する。後方互換性、コスト効率、使いやすさを兼ね備えた10GBASE-Tに焦点を当てる。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 サーバ仮想化やクラウド、ビッグデータソリューションの展開は、コスト削減や性能向上につながるが、ネットワークのスループットも大幅に増加する。ギガビットイーサネット(GbE)接続は、1台の物理サーバの帯域幅要件に対応できるが、ピーク時の仮想化サーバ統合シナリオや複数のトラフィックタイプをサポートするには不十分だ。サーバのGbEポートを増やして拡張すれば、帯域幅を増やすことはできるが、コストが増える。

 上記欠点を補うために、多くの企業が10ギガビットイーサネット(10GbE)を採用。旧世代のBASE-Tと新しいLOM実装の上に構築された10GBASE-Tは、低コストによる10GbEの展開を可能にし、消費電力削減が期待されている。信頼性、柔軟性、後方互換性、コスト効率、使いやすさに加え、100mの到達距離を兼ね備えた10GBASE-Tは、理想的な選択肢の1つといえるだろう。

 本資料では、10GbEにおける有望なソリューションである10GBASE-Tを、新製品に焦点を当てながら検証していく。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -