ニュース
» 2014年09月03日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:今人気のクラウドデータベース5選、気になるところを詳しく紹介

「Microsoft SQL Server」ユーザーがクラウド環境で選ぶべきは「Windows Azure SQLデータベース」だけではない。これに代わる選択肢は幾つもあるが、今回は5社を取り上げて解説する。特に、4つのDBサービスを有する「Amazon Web Services」については詳しく扱う。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 あなたの会社が「Microsoft SQL Server」を運用しているなら、社内システムを拡張するために「Windows Azure SQLデータベース」(旧称SQL Azure)を既に利用しているかもしれない。しかし、このWindows Azure SQLサービスがそぐわない場合もある。例えば、あなたの会社が非リレーショナルサービスや、SQL Server以外のプラットフォームに基づくサービスを求めている場合だ。

 このコンテンツでは、Windows Azure SQLデータベースに代わる選択肢を提供する5社のプロバイダーを取り上げ、各社のサービスが他社サービスとどう違うのかを見ていく。具体的には、「Amazon Web Services」「Google Cloud Platform」「Rackspace Cloud Databases」「MongoLab」「Database.com」の5つである。特に、Amazon Web Servicesについては、4種類のデータベースサービスを深堀し、それぞれの違いを説明する。

ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ