レビュー
» 2014年09月05日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:約600台の物理サーバを仮想化、コスト最適化と柔軟なシステム環境を手に入れた朝日新聞社

デジタル移行強化を進める朝日新聞社は、余剰リソースのコスト軽減に向け、約600台の物理サーバの仮想化移行に着手した。同社が新たに選択したシステム基盤とは?

[PR/ITmedia, TechTargetジャパン運営事務局,ITmedia]

 1879年に創刊された日本三大紙の1つ朝日新聞。その発行元である朝日新聞社は、デジタル事業の展開にも注力しており、既にコンテンツデータ管理を強化したシステムに転換。新聞制作に関わるニュース分野、基幹業務を担うビジネス分野、情報基盤分野が、それぞれ本番、予備、検証の3系列を有しており、サーバ群は約600台を数えるに至った。これによりハードウェアのリソースの余剰によるコスト、管理負荷の増大が課題となっていた。

 デジタル発信強化を見据え、同社は社内システムの刷新に着手を開始し、多数の物理サーバを仮想環境で集約するサーバ仮想化に注目した。複数のシステムを検討した結果、多種のOSが混在する環境であること、段階的なアプローチで仮想化を進めていく緻密な構築手順であることから、HA8000とVMware vSphereを選択したという。導入後は、余剰リソースを解消し、コストと管理負荷を軽減できたほか、柔軟な運用を短期間で行えるようになった。

 本資料では、問題提起から仮想環境への移行、導入後の効果を、同社のプロジェクト担当者へのインタビューを交え検証していく。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ