ニュース
» 2014年09月25日 07時00分 UPDATE

Enterprise IT Kaleidoscope:Windows 9(仮)はこうなる? 発表前予想の総まとめ (1/4)

Microsoftが9月30日に「Windowsの今後」と題する発表を行い、次世代OSのWindows 9(仮)がお披露目されるとみられる。新OSはどのようなものになるのだろうか。

[山本雅史,ITmedia]

 米Microsoftは、9月30日(米国時間)に開発コード名「Threshold」という次世代OSの発表会を米国で行う。Thresholdは「Windows 9(仮)」という正式名称になりそうだ。ここで登場するのは正式版では無く、テクニカルプレビュー版であり、9月30日当日からダウンロードができるようになると予想されている。MicrosoftはWindows 9のテクニカルプレビュー版を提供し、2015年春には正式版をリリースしたいと考えている。

 Windows 9のテクニカルプレビュー版はWindows 9の全ての機能が搭載されるわけではなく、企業向けの機能などが完全に出そろうことはないようだ。Microsoftは2015年の春を目指してWindows 9で目標としている機能を入れ込むことにしているが、開発の進捗状況によって一部の機能はWindows 9発表時に抜け落ちている可能性もある。このあたりは、Windows 8/8.1のように、毎月のWindows Updateを通じて機能を追加していく計画だ。

デスクトップモードが使いやすくなる

 Windows 9の最大の変更点は、デスクトップモードにおけるスタートメニューの復活が上げられる。ただ、Windows 9のスタートメニューはWindows 7時代とは異なり、Windows 8のModern UIのスタート画面を含む様な形になっている。

 キーボードとマウスを利用するユーザーにとって、Windows 8/8.1は不評だった。実際、国内ではWindows XPの移行先としてWindows 7が圧倒的なシェアを占めている。Microsoftにとっては、Windows 9でWindows 8/8.1と同じようなコンセプトをとると、PCで圧倒的なシェアを誇るWindowsマーケットが徐々に縮小してしまう危険を感じているのだろう(多くのユーザーからの不満も大きい)。

 そこで、Windows 8/8.1の基本コンセプトだったModern UIからデスクトップモードへの回帰となる。ある意味、タッチベースのModern UIからWindows 7などのキーボード/マウスへ後戻りするような印象だが、実際にはもう少し複雑だ。

 MicrosoftはWindows 8/8.1でタッチベースのModern UIに振り切ってしまったコンセプトを、多くのWindowsユーザーが使っているデスクトップともう少し融合させようとしている。

 2014年4月に開催された開発者カンファレンス「Build 2014」でデモされたWindows 9は、スタートメニューにWindows 7でおなじみのプログラムリストの横にModern UIのスタート画面にピン留めされたタイルが表示されている。また、デスクトップにModernアプリがウィンドウで表示されている。Windows 9ではデスクトップモードにWindows 8/8.1のModern UIやアプリを吸収しようとしていると思える。

tk_kareid0101.jpg Build2014でデモされたWindows 9(仮)のデスクトップ画面。左側にスタートメニューが表示されている。スタートメニューのサイドにModern スタート画面のタイルが表示されている。また、Modernアプリが、ウィンドウとしてデスクトップ上で動作している(以下は全てBuild2014より)
tk_kareid0102.jpg スタートメニュー横のModern タイルは状況によって表示するタイルも変わる
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ