ニュース
» 2014年10月20日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Computer Weekly日本語版 :進撃のBig Apple

企業導入が増加しているMacをIT部門が効率的に管理できるツールを大紹介。また、訴訟リスクからOracleら大手ベンダー離れが始まっている現状、俳優マイケル・J・フォックスとIntelの取り組みなどをお届けする。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ge_cw15301_141020.jpg

 Computer Weekly日本語版 10月8日号は、以下の記事で構成されています。

■Oracleによる告訴リスクで加速する「企業のOracle離れ」

 ライセンスの複雑さを嫌う企業は、Oracleら大手プロバイダーの利用を見直し始めている。

■ウェアラブルとビッグデータで医療を変えるマイケル・J・フォックス財団とIntel

 マイケル・J・フォックスが立ち上げた財団とIntelが、パーキンソン病の共同研究を行ってい、研究者に貴重なデータを提供している。

■ネットワーク帯域の拡大で即応力を強化したレッドブルレーシング

 F1チームのレッドブルはAT&Tとのパートナーシップを強化し、ネットワーク帯域を拡大。レース戦略やトラブル対応に活用している。

■Macを企業で活用するために必要なツール大全

 かつて企業内ではニッチな存在だったMacが導入されるケースも増え、Windows前提の企業システムやIT部門は変化を迫られている。


ダウンロードページに進む

Kindle版のダウンロードページに進む

EPUB版のダウンロードページに進む

Computer Weeklyは、IT戦略やセキュリティ、モバイルコンピューティング、ITアウトソーシングなどの各種分析、事例、インタビュー記事を週刊で配信している1966年にイギリスで創刊されたITプロフェッショナルに向けた媒体で、2011年5月より、米国TechTarget社がデジタルマガジンとして発行しています。


TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ