ニュース
» 2015年01月09日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:【決定版】情シスのための、クラウドに関する行動指針

クラウドサービスを拒否し続けることも、やみくもに推進することも、企業の情報システム部門の行動として適切とはいえない。ガートナーの著名アナリストが、情シスのクラウドに関する活動指針を提示する。

[TechTargetジャパン運営事務局]
290x290_miki_150109.jpg

 企業の情報システム部門は、クラウドにどう対応すればいいのか。「正しい」答えを出そうとすればするほど、難しく思えてしまう。各企業のIT利用形態や運用するアプリケーションによって、答えは全く変わってくる。また、クラウドの世界は文字通り日進月歩であるため、現在の状況を踏まえて出した答えが、1カ月後には意味を成さなくなってしまうことも十分考えられる。

 だからといって、経営陣が、「クラウドが良さそうだから、推進しろ」と言ったということを理由に、やみくもにクラウドへ突き進むということでいいのか。あるいは不確定要素が多いからといって、クラウドを拒否し続け、何も行動を起こさないということでいいのか。

 情報システム部門の、クラウドに関する活動の指針になるようなものは、存在しないのか。仮想化およびクラウドコンピューティングの分野で、深い知識と経験を持つ、ガートナー リサーチ部門 バイス プレジデント兼最上級アナリストのトム・ビットマン(Thomas J. Bittman)氏に、詳しく聞いた。


ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ