ニュース
» 2015年01月27日 18時54分 UPDATE

HP、無停止サーバにx86モデルを投入

ミッションクリティカル用途向けの「HP Integrity」にシリーズに、新しい無停止サーバプラットフォームとラックマウント型サーバを追加する。

[ITmedia]
hp0127.jpg HP Integrity NonStop X

 日本ヒューレット・パッカードは1月27日、無停止サーバプラットフォーム製品の新製品となる「HP Integrity NonStop X」とラックマウント型サーバの「HP Integrity rx2800 i4 1-socket」を発表した。2つの新製品は、いずれもミッションクリティカル環境向けモデル。

 HP Integrity NonStop Xではx86アーキテクチャやInfiniBandなど業界標準の技術を採用し、「インテル Xeon プロセッサー」を搭載する。LinuxやJBossをはじめとするオープンソースソフトウェアとの親和性を重視し、無停止サーバの適用領域をデータベース統合や高可用性のJavaアプリケーションなどにも広げることができるとしている。

 「HP Integrity rx2800 i4 1-socket」は、基幹システムで多くの採用実績のある「HP-UX」搭載の「HP Integrityサーバ」シリーズのエントリーモデル。最大8コアのインテル Itanium 9500ファミリーを1基搭載する。小規模のデータベースシステムのリプレースなどに適しており、仮想化テクノロジー「HP-UX Containers」や「HP-UX vPars and Integrity VM」を利用することで、より高い性能を生かしつつTCOの削減に貢献するという。

 2モデルの最小構成での税別価格は、NonStop Xが6061万9900円から、rx2800 i4 1-socketが161万8000円から。NonStop Xの価格は、HP NonStop OSソフトウェアライセンス3年分と、HP NonStop OSネイティブのTPモニター Pathway with TS/MPライセンス3年分を含む。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ