レビュー
» 2015年02月18日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:300カ所に及ぶ大規模データセンターのセキュリティ対策は「選択と集中」

300カ所に及ぶデータセンターを抱えるBritish American and Tobacco。データ管理を一元化してセキュリティ強化したシステムに向け、クラウドや仮想化を検討中だ。

[PR/ITmedia  ,TechTargetジャパン運営事務局]

 ダンヒルやケントなどの銘柄で知られるBritish American and Tobaccoは、300カ所に及ぶ大規模なデータセンターを抱えている。個々のデータセンターの情報をすべてチェックしていては夜も眠れない。何を守るかを決め、それに集中する「選択と集中」が肝要で、データ管理を一元化して堅固な情報漏えい対策を備えたシステム実現に向け、クラウドや仮想化を検討しているという。

 本コンテンツでは、同社のITセキュリティー/サービス継続性責任者が現状の課題と今後の方針について語る。BYOD (個人所有デバイスの業務利用)についても仮想化環境のセキュリティが一定水準に達していれば、個々のデバイスについて心配する必要はなく、コスト削減、リスク管理が可能になるという。また、標的型攻撃の脅威についての対策と取り組みについて解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ