レビュー
» 2015年04月27日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:「バックアップ専用ストレージ」の3つの要件──バックアップ容量シミュレーションシート付き

中堅・中小企業にとって、バックアップは今目の前にある課題だ。増え続ける膨大なデータの効率保管、災害対策といった課題を解決するには、汎用ストレージではなく、「バックアップ専用ストレージ」という選択が有効な解決策となるだろう。

[PR/ITmedia  ,TechTargetジャパン運営事務局]

 中堅・中小企業がバックアップを考える際には、大容量データの効率的な保管方法、災害対策、ネットワークに負荷を掛けないレプリケーションなど、さまざまな課題が存在する。そうした課題の有効な解決策となるのが、「バックアップ専用ストレージ」という選択だ。

 通常のストレージは、ファイルサーバ、データベースサーバ、クライアントなどの本番データを保存するためのデバイスとして使用される。しかし、「バックアップ」に特化して考えると、通常のストレージとは異なる要件が求められる。「データを保存する」という目的は同じでも、用途は全く異なるのだ。

 このWebキャストでは、バックアップ専用ストレージ「EMC Data Domain」の機能と導入メリットを詳しく解説する。バックアップデータを全体の90%以上削減できる重複排除機能、低速回線でもレプリケーションが可能、災害対策としての活用法などを、ネットワールドのシステムエンジニアが分かりやすくレクチャーする。また、上記の解説動画を閲覧できるとともに、「バックアップ容量サイジングシート」をダウンロードできるので、自社環境での重複率のシミュレーションに役立ててほしい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ