レビュー
» 2015年07月09日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:出版物、規程集、マニュアルのマスタデータ管理と制作コスト削減の課題を解決するポイントとは?

製造業の取説・出版社の書籍、学習参考書・金融業の業務規程集の制作・管理に最適なパッケージ製品「Publish MakerX」の機能と事例

[PR/ITmedia  ,TechTargetジャパン運営事務局]

■Publish MakerXの概要とメリット

 Webブラウザから入稿編集ができるコンテンツ管理パッケージ。

 コンテンツの流用や版管理、素材管理機能を搭載しており、制作の内製化を目指すお客様向けの製品である。XMLDB「NeoCore」を内蔵しており従来製品に比べ柔軟性の高いコンテンツ管理を実現可能だ。

■Publish MakerXの特長

◆特長1:

 制作〜管理〜出力を全てシステム化することで制作の業務効率化を実現。管理したコンテンツは、多メディア展開、コンテンツの2次利用、社内での情報共有が可能である。

◆特長2:

 構造化された文章もののコンテンツ管理であれば様々な用途に利用可能。具体的な用途例は以下である。

 <用途例>

 製造業の取扱説明書、サービスマニュアル・出版社の専門書籍、定期刊行物、

学習参考書・金融業の業務規程集、官公庁研究機関のデジタルアーカイブ管理

◆特長3:

 パッケージ製品の為、早期で低コストでの導入が可能。最短で3か月、ライセンス費用と初期導入コスト含めて350万円〜の導入が可能。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -