ニュース
» 2015年07月21日 07時45分 UPDATE

Microsoft、緊急セキュリティ更新プログラムを公開

深刻度はWindowsの全バージョンで最も高い「緊急」に指定され、できるだけ早く更新プログラムを適用するよう呼び掛けている。

[鈴木聖子,ITmedia]
mssec00.jpg 緊急パッチが公開

 米Microsoftは7月20日、定例外のセキュリティ更新プログラムを緊急リリースしてWindowsの深刻な脆弱性を修正した。深刻度はWindowsの全バージョンで最も高い「緊急」に指定され、できるだけ早く更新プログラムを適用するよう呼び掛けている。

 Microsoftのセキュリティ情報によれば、脆弱性はWindows Adobe Type Manager LibraryでOpenTypeフォントを処理する方法に存在する。細工を施した文書をユーザーが開いたり、OpenTypeフォントを組み込んだ不正なWebサイトを閲覧したりすると、リモートの攻撃者に任意のコードを実行される恐れがある。

 この脆弱性は、サポート対象の全Windowsが深刻な影響を受けることが確認されている。報道によれば、Windows 10のインサイダープレビュー版も影響を受けるという。

 この脆弱性に関する情報は既に一般に公開されているものの、現時点でユーザーに対する攻撃が発生したという情報は入っていないとMicrosoftは説明している。

mssec01.jpg 回避策も紹介している

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ